Category: Cの出来事

No.019-1月号 初春のお慶びを申し上げます

By , 2012年1月30日

Creative Power = 創造的な力

「喜びも困難も共に分かち合おう」日本中に「絆」という言葉が溢れ、「私は生きている」ではなく、人と人とのつながりの中で「おかげさまで、私は生かされている」という気持ちを幾度となく感じた2011年でした。
お正月といえども例年よりも控え目にという意識が街の「朱色」の少なさに感じられました。
今回は、先日出逢った1冊の本『人生に悩んだら日本史に聞こう』を一部抜粋しながら紹介し、日本の「美しさ」について『色』に触れながら考えてみたいと思います。

ご存じのとおり、色には名前があり、性格があって、気分を変えることもできます。まるで私たちそのもの。
すぐに隣の影響を受けてしまいます。色はとても敏感なものなのです。明るい色は暗い色の中で一層明るく見えます。本当は星も月も昼間に出ているけれど、周りが明るいので見えないだけですよね。
これを明度対比といいます。
日本人は繊細さと憂いの感覚が鋭く、私が出逢ったこの本の中でも語られていました。

和歌の世界で「花」といえば「桜」を意味しますが、奈良時代までの日本人にとって「花」といえば「梅」のことでした。夜明け前が一番暗いのと同じで、最も寒い時期に咲く梅の花を見ると春の訪れがもう目の前に来ていることを感じるのです。梅の花を春の象徴とした日本人の感性を素敵だなぁと思いました。
幸せから一番遠いように見えるところには幸せの予感が宿っているのだと感じ取ってきたのが日本人です。

そして、日本を代表する色の「朱色」。これはオレンジ味の赤のことで、朱塗りの漆器の色を「Japanese Red」というほど日本的な色です。日本のナショナル・フラッグ「日の丸」の赤もこれです。赤系の色だけでも「紅」「茜色」「緋色」「小豆色」「カーマイン」「ローズ」「ワインレッド」「スカーレット」「オックスブラッド」など様々です。
まだまだ色にはたくさんの面白い不思議があります。
暖かい色・寒い色・大きく見える色・小さく見える色・重い色・柔らかい色・甘い色。辛い色・興奮する色・落ち着く色・さわやかな色・ロマンチックな色など様々で、色は自由に作ることもできるのです。

人はファッションや権力の象徴として色を選びますが、動物はどうでしょう。
動物の体は様々な毛や羽、甲羅などで覆われています。鳥で考えると雌は卵を温める期間に敵に悟られないようにするため目立たない保護色を身に付けますが、雄は敵の注意をそらすため鮮やかな警戒色をしています。動物にとっての色は、生きるための色なのです。

この本のタイトル『人生に悩んだら「日本史」に聞こう』を見て「日本史かぁ・・」最後までくじけずに読めるか不安になりながら表紙を開いたことが嘘のように、2時間余りで一気に読みほしました。ラストは涙、涙、、、。
これまでの自分とこれからの自分、「究極のブランド」とは何か、企業が生き残るためにはどうすればいいのか、何を大切に思いどう生きていくのか、この本を読んで改めて考えさせられました。読み終えて、「日本に生まれてよかった」「ご先祖様ありがとうございます。日本人ってすばらしい」とますます胸が熱くなりました。
人との出逢いに触発されて、つながりの中で人生が切り開かれていくことを歴史は物語り、志は夢を超えて受け継がれるのです。一度、皆さんも読まれてみてはいかがですか?
私ども株式会社C-POWERは、デザイン会社として数々の顔となるロゴマークやシンボルマークの制作に携わってまいりました。各企業様のご尽力と技と商品を深く知り、そのコンセプトを基に日本人としての感性を大切にしながらブランディングする「ブランドデザイン」に対し、たくさんの出逢いに感謝しながら一層のやり甲斐と誇りをもって今後も取り組んでまいります。
ステキなお知らせ
今回ご紹介した著書
『人生に悩んだら「日本史」に聞こう』の著者
白駒妃登美さんが、なんと多治見に!!!

日時:2012年2月4日(土)15時00分~16時30分
場所:多治見市産業文化センター 5階大ホール

チケットについて、
先着3名様にプレゼント
お早めに info@c-power.jp までお申し込みください。

詳しくは・・・

http://gtopi.net/topics/pc/10002/11683.html

グループ「創」展

comments コメントは受け付けていません。
By , 2010年11月21日

多治見市文化会館で11月19日から21日の期間、グループ「創」展が開催れています。
この展示会では現代美術家協会の東濃支部のメンバーの人たちの作品が展示されています。

ちなみに私の肥田和明の作品も入口左手に展示されています。



このように作品を展示できる環境があることに感謝して、これからも作品づくりに励みたいと思います。

村瀬信吾-Murase Shingo-・纐纈峰遵-Kouketsu Takayuki- 二人展 in 甘露(あむりた)

By , 2010年10月9日

私がいつもお世話になっている、村瀬信吾さんが作品展をやられてみえます。

村瀬信吾・纐纈峰遵(こうけつ たかゆき) 二人展

10月 7日(木) 〜 11月 3日(水) 11:00 〜 20:00

茶庵「甘露」(あむりた) 地下ギャラリー
〒509-6121 瑞浪市寺河戸町1139
TEL & FAX  0572-68-8767

問い合わせ:村瀬信吾 0572-55-2847(工房) / 纐纈峰遵 0573-45-3154

村瀬信吾さんからのコメントです。

平成12年春に描き始めた「両界曼荼羅」(胎蔵界・金剛界 六尺幅の一対)が、十年目の今春やっと完成しました。これを記念に、瑞浪駅前の茶庵「甘露」(あむりた)さんで、中津川市蛭川在住のチベット仏画師 纐纈峰遵さんと二人展を開催することになりました。
纐纈さんは、ネパール・カトマンズのチベット密教仏画師に師事、帰国後、蛭川で制作を続ける仏画師です。
インドで生まれた密教が、一方はヒマラヤの麓で、もう一方は中国に伝わり、唐の時代に弘法大師などにより日本に伝えられ、それぞれの文化・風土の中で育まれた仏画です。
日本では、お寺の暗いお堂の中に安置され日常ではあまり目に触れない絵画ですが、ご高覧いただければ幸いです。
「甘露」(あむりた)さんのギャラリーは、表の小さな入口からは想像もできない素敵な空間です。またマスターの本場仕込みのチャイや紅茶・カレーは格別です。

是非ともご来場くださいませ。

きらめきブラザイシグロ プレオープン

comments コメントは受け付けていません。
By , 2010年9月11日

9月4日、5日と、岐阜県土岐市土岐津町土岐口2150-10に「きらめきプラザイシグロ」がプレオープンしました。
以前は「サンライズSS石黒」というガソリンスタンドでしたが、この度、形を新たにオープンしました。

その時のイベントの様子です。

石黒商事(株)の石黒社長様は、地元地域社会への思いが熱く、どこよりも環境や福祉に関して力を入れて見える方です。
そのようなことから、今回の店舗は1階が完全バリアフリー化がなされています。
将来的にはエレベータも設置していきたいとおっしゃられてみえました。

店舗入り口左手には、石黒商事さんのキャラクター「くろちゃん」がフレームに入ってお出迎えです。

「きらめきプラザイシグロ」では、IHキッチンを使って料理を体験することが出来ます。
耳で聞いたり、目で見るだけではなく、やはり体感できるというのが良いですね♪
ちなみに、左の方がキッチン器具プロ、浅岡さんです。
そしてそして、右手の黄色いシャツを着た方が、石黒商事さんのスタッフで「仙石さん」です。
仙石さんのパワーはみんなを熱くさせます。
そして、色々な人を紹介していただき、私共は多岐にわたり、大変お世話になっております。

 本店舗の2階は、鏡張りになっており、着付け教室や、ダンスレッスン、ストレッチなど、あらゆる人が使える多目的なスペースになっています。

2階から撮影した様子です。ここはもと洗車スペースだった場所です。
ここでは、木工教室などができます。

ちなみ、左手の方が、石黒商事さんのスタッフで「高野さん」です。
この日はとても暑く、高野さんは汗びっしょりでした。本当にお疲れ様でした。

さてさて、そろそろ次の予定で帰ろうとしたとき・・・

「焼けました!!」

っと、仙石さん!!

「肥田さん、おひとつどうぞ」っと外まで持ってきてくれました。↑こちら、仙石さんです。

弊社スタッフとひとつずついただきました。

焼けたばかりで熱く、ふわふわで、ほんのり甘くて、、、とても美味しかったです。

ごちそうさまでした。。。そして、本当にありがとうございました。

 

「きらめきプラザイシグロ」 岐阜県土岐市土岐津町土岐口2150-10

みなさんも、一度お立ち寄り下さい。

「思わず手に取るデザインのコツ」ピンチャン塾にて

By , 2010年7月13日

7月8日(木)19時00分~21時00分まで多治見市のまなびパーク6階、工作室にてデザイン講師を務めてきました。

NPO法人多治見Nowの後藤さんからの依頼です。後藤さんとは多治見市倫理法人会で知り合い、「き」業展で初めて私の仕事振りを見てもらいそこからの縁でお話しを頂きました。
このところ倫理法人会でスピーチをしたり、SMCセミナーではホームページの活用法を講義したりと、人前で話す機会が増えてきましたが、デザインについての講師依頼は初めてでしたので、一番の専門分野ということもあり、とても楽しくお伝えすることが出来ました。

それは何より、受講された皆さんの笑顔があったからです。ありがとうございました。

さて、今回のテーマは「思わず手に取るデザインのコツ」です。

全体の流れとしては、最初に受講される皆さんの自己紹介です。それもただの自己紹介ではなく、Good & Newsが自己紹介の中に盛り込まれている形でしたので、とても素敵でした。後藤さんさすが!
その後、私の自己紹介と続けて講義をさせていただきました。

▼講義の様子▼

「デザインのコツ・・・」「ん~・・・」、このテーマを聞いたとき、「デザインのコツ」がPointではなく、「思わず手に取る」が鍵だと考えました。

なぜ、人は思わず目が行ってしまうのか・・・。

なぜ、人は思わず手にとってしまうのか・・・。

デザインすること・・・レイアウトすること・・・などなど、過去の実績を紹介しながら説明させていただきました。

レイアウト=整理整頓

詳 しい内容は、講義を受けられた方の特権です!NPO法人多治見Nowページも紹介されています。

そんな中で、演習に入り、レイアウトデザインについて体験していただきました。

▼受講された方々の作品はこちら▼



テーマ:「夏祭り」でタイトル文字と文章、写真を切り貼りして自由にレイアウトをしていただきました。

最後10分は、質疑応答で皆さんからの率直な質問に回答して、今回のセミナーは終了です。

今回、このような機会を設けていただいた、後藤さんをはじめ、受講された皆様、お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。またの機会を楽しみにしております。

メッセージに感謝!

comments コメントは受け付けていません。
By , 2010年7月12日

「おめでとう」というメッセージ・・・

7月6日火曜日の中日新聞の「きらっ人」コーナーに私の記事が載りました。
第66回現代美術家協会で絵画部門「新人賞」を受賞したことから取り上げていただいたのですが、2日金曜日に取材に来られて、その後、火曜日に掲載されました。

その記事を読まれた方々から、メール、FAX、電話と、数々の「おめでとう」メッセージをいただきました。

そして、PAL研究会多治見市倫理法人会でご一緒させていただいている、尊敬する認知症専門医師の長谷川嘉哉先生ご自身のブログにまで取り上げて、「おめでとう」メッセージを頂きました。

今回、多くの方々から、お祝いのメッセージを頂戴し、本当に感謝しております。

そして、私の大好きな芸術の世界で毎日過ごせることに幸せを感じ、これからも、もっともっと生み出していきたいと改めて決意しました!

現代美術家協会で新人賞!

comments コメントは受け付けていません。
By , 2010年7月6日

先日、コアラ社長のチャレンジ進化論のブログで紹介していただきましたが、第66回現代美術家協会で絵画部門で新人賞をいただきました!東京の本展では、国立新美術館に作品が飾られ5月30日、31日と表彰式で東京までいってきました。

そして、この度、愛知県美術館に作品が移動してきました。
私自身、本日見に行ってきました。あと、10日(土)に行く予定です。

また、本日、中日新聞の東濃版にこのことも含めて記事掲載していただきました。
色々な方から「見たよ!」とのご連絡をいただき本当にうれしかったです。
ありがとうございました。

今回の作品「R-Silence」をブログにて公開させていただきます。

愛知県美術館にて、平成22年7月6日(火)~7月11日(日)まで展示されています。
この期間が終わると、大阪に移動します!

デザインスイッチ

comments コメントは受け付けていません。
By , 2009年11月23日

デザインスイッチが入ると、時間を忘れて制作に打ち込める。
スイッチを無理やり入れることも必要だが、中途半端に入れたときのデザインは駄作。

あるプログラムも土曜日の深夜まで、「あーでもない」「こーでもない」と奮闘して、結局解決できないままベットに横になった。
次の日の朝になって、昨日の続き・・・とはじめると、ものの3分で解決策を見つけれた。

デザインスイッチを自由に入り切りが出来ないといけないが、まずは今がどういう状態かを把握できるようにするべきと感じる。

またまたパンク

comments コメントは受け付けていません。
By , 2009年11月22日

この1ヶ月ほど、タイヤに空気を入れても右側だけ2日~3日経つと抜ける・・・

ん~・・・これはムシの寿命が来たせいか・・・なぜムシゴムと言うのかがいつも気になるが、まぁー、それはさておき、このままでは身動きが取れないと焦る。そんなわけで、修理してくれる店を色々調べて、、、ただ最近は町の自転車屋が少ないことに気付く。

最近めっきり減ったもの・・・何気なく当たり前にあったものが、最近では見当たらないってもの・・・。

それを、ひとつひとつ拾い出して、Cの情報にしたいと思う。

<お礼>
岐阜県多治見市幸町3丁目8にある「村井リサイクル」店さん。丁寧且つ親切な修理ありがとうございます。
私の祖父の教え子というのには驚きでした。

Hello C-blog!

comments コメントは受け付けていません。
By , 2009年11月21日

Cのブログをはじめました。

結局、mixiも断念して・・・あまりこういう書き込み型には向いていないと実感するKanpehこと私ですが、とうとうブログをはじめることになりました。

基本的のこのブログの意味合い、あり方としては、本来の意味であるWeblog、ウェブ上の記録ということで、思いついたこと、感じたことを、自分なりの表現で記録していこうということです。

ですので、主観的な部分もちらほら出てくると思いますが、また勝手なことを書いてるよ・・・程度で読み流していただけるとありがたいです。

まぁー、ブログやってまぁーす!ってのが、「日記かいてまぁーす!」みたいなモノなので、どこまで宣伝するべきものなのかが疑問ではありますが、そんなこんなで、見つけて読んでくれている人は、「アイツの日記、オレ読んだことあるぜ!」・・・「あの人の日記をこっそり私見ちゃった・・・」的な要素で見てくれるとありがたいです。

そんなわけで、「Cのブログ」はじめました。

Panorama Theme by Themocracy