ドーラの一日 (お花見編)

岐阜県多治見市にある「C-POWER WorkingSupport ドーラ」は身体、知的、精神などの何らかの障害がある18歳から65歳の方が就労を目指して取り組む就労移行支援事業所です。

ドーラ(DOLA)とは、「Design Of Life Academy」の頭文字をとって名付けた事業所で、障害のある方が自分自身のこれからの人生と向き合い、生きるために何を学び、社会の中でどう自立して生きていくかを考え、「自分の人生設計をしていく場」です。

元気な朝の挨拶、頭の体操の10分チャレンジ、ラジオ体操で健康づくり、教養誌を使った輪読と感想の発表で自分の考えを伝える訓練、みんなで同じ課題に取り組む時間、一人ひとりが自分の課題に取り組む時間、悩みや迷いを相談する個別面談などに取り組み、一人ひとりのできることややりたいことを見つけることから始まります。

 

今日はお花見です。多治見市の太平公園でお花見をしました。太平公園からは線路の向こうに事業所が見えます。

少し風は冷たいですが、良い天気になりました。桜はまだ半分くらいしか咲いていませんでした。今日のお花見を迎えるまでに、一人ひとりが役割分担をして準備してきました。

「会議の達人」という共通講義で、準備や役割・企画を考え、毎日コツコツ準備をしてきたので、「花よりゲーム」で楽しみました。午前中は「宝探し」をしたので、みんな久しぶりによく歩きました。途中で小雨が降ったので、池田町のドーラまで戻って、すごろくやビンゴなどゲームの続きをしました。部屋の中は暖かく、快適に楽しむことができました。