就労移行支援事業所C-POWER
WorkingSupportドーラ 講義のご紹介③

【他己紹介】

 

コミュニケーションの訓練の一つとして、今日は2人一組になり相手のことを紹介する「他己紹介」を学びました。

  

相手のことを他の人に紹介するので、まずはその人を知ることが必要です。

そのために、自己紹介をしてもらい、相手の趣味や休日の過ごし方などを聞き取りました。

話を聞きながら忘れないようにするためにメモを取るという「同時に2つのことをする」必要があります。これは電話応対でも役立ちます。

 

 

 

コミュニケーションに、ノンバーバルコミュニケーションとバーバルコミュニケーションがあります。

ノンバーバルコミュニケーションは、言語以外の情報をもとに相手の心情を読み取るコミュニケーションです。

非言語の方が相手に伝わる情報が多面的で多いともいわれています。

相手のことを知ろうとする気持ち、理解しようとする気持ちは、目を見て話を聞く姿や頷きながら聞く姿からも伝わります。

自分のことを知ってもらおうとすることで、相手も知ろうとしてくれたり心を開いてくれたりすることが増えます。

自分から発信していくことは難しいですが、日々の訓練の中で語彙力を高めていくことで、良いコミュニケーションがとれるようになりたいと思っています。

 

 

 

就労移行支援事業所C-POWER WorkingSupportドーラでは、様々な経験を積んでもらうために実践することを大切にしながら、次のステップや一般就労に向けて大切なことを学んでいただきたいと思っています。

 

午前中は共通課題や作業訓練、午後は個別課題に取り組みながら、働くために必要な力を身につけて、できることを伸ばしていきながら社会に出るための準備をしています。

 

平日は10:0016:00までの間で、いつでも見学ができます。

まずはお問い合わせください。

 

C-POWER WorkingSupportドーラ (シーパワーワーキングサポートドーラ)

0572-26-8523    担当:河内(かわち)