2018年を振り返る会 ①

 

「今年は大きな事故もなく過ごせてよかった。…そして大きな始まりの年になった。」

 

 

 

12月14日(金)オフィス池田でグループ内の4つの事業所の職員と利用者が集まり、今年を振り返る機会がありました。

まずは肥田代表の講話からスタートしました。

 

「今年は大きな事故もなく過ごせてよかった。そして大きな始まりの年になった。」

との言葉から、これまでを振り返りました。

 

2002年、肥田代表が1人でデザイン会社を設立。

 

2011年、東日本大震災をきっかけに、安心して暮らせる場所をつくろうと決意。

生活をするためには働かなくてはならない。

働くためには、働く上で必要なことを学ばなくてはならない。

 

2012年、就労移行支援事業所 C-POWER WorkingSupportドーラを設立。

 

2014年、障害者の生活、就労等の困っていることを相談できる場所をつくりたいと相談支援事業所CSロープを設立。

 

同年、作業をしながら一般就労にむけて訓練していく就労継続支援B型事業所 SWINGUを設立。

 

2016年、障害者雇用 就労継続支援A型事業所 TRIDを設立。

 

そして、今年2018年5月、7年の月日を経て、自分らしく地域で働き暮らし続けられる場所である「自立型のグループホームGiOhome」を設立することができました。

 

現在、C-POWERグループに関わる方は180人を超えました。

2019年はみんなでもっと『楽しいこととは何かを追求して前進したい』と話されました。