8月の職業人講話

 

 「仕事をすることは目的ではない。夢を叶えたいとか、幸せになりたいとか・・・その間にあるのが『働く』じゃないかな。」

 

C-POWERグループでは毎月1回、地域の職業人をお招きし、「働くこと」を一人ひとりが考える時間を設けています。

今月もA型事業所TRIDのアシスタントが司会進行をして始まりました。

今回は、有限会社YMMの常務取締役 前田市朗氏をお迎えして、「働くこと」を見つめ直し、社会に出ていく意識を高めることのできた時間となりました。

職業人講話は、前田氏の「みなさんの前で話をさせていただく機会をくださり、勉強できることに感謝します!」と元気で明るい第一声から始まりました。

 

多治見で生まれ育ち、大学生時代以外をずっと多治見市内でご活躍の前田氏。

学校の先生になりたい、アメリカに憧れ留学したい、研究者になりたい・・・など様々な夢を見たけれど、地元に戻り家業を継ぐことを決めた前田氏。

「夢をもつことが大事。すぐに叶えられそうな小さな夢から探していく。夢を実現させた!と思えることの積み重ねが大事。」

小さな夢から探していく。手が届きそうな夢から1つひとつやっていくと良い。できたと思えることが大事。少しずつ大きな夢を見つけていくと良い。そして、1つひとつ叶えていくために今何をすべきなの?を考える。

夢について考えるきっかけになりました。

「足るを知る」

私たちは人と比べたり、無いものを欲しがったりしがちです。今に感謝しつつ、贅沢をせずに暮らしていきたいものです。

また、考え方についても学びました。

過ぎてしまったことにくよくよしない。また、起きてもいない未来のことにビクビクしないことです。どんなことでもどうしたらできるかを考えることが大切です。次につなげるためにどうしたらいいかを考え、できそうなことは何かを見つけ、夢をもち続けたいと思いました。