読書のススメ⑱

 

人にはそれぞれ、些細なことから大きなものまで様々な課題が存在します。

その課題を克服したり、目標を達成したりしながら、より良い幸せな人生を求めて生きています。そんな皆様へお勧めしたい本をご紹介していきます。

 

「君たちはどう生きるか」      原作:吉野源三郎氏 漫画:羽賀翔一氏

自分の生き方を決定できるのは、自分だけだ。

 

人間としてあるべき姿を求め続ける、コペル君と叔父さん。

この物語は1937年に出版され、80年の時を経て、今もなお多くの人に読み継がれている歴史的名著といわれる小説を漫画として描き下ろした永遠の名作です。

 

 

1937年、東京の街。

人々の生活が大きく変わろうとしているこの時代に、日々自分の中の疑問と向き合い、人として成長しようとした一人の中学生とその叔父さん。その少年はみんなから「コペル君」と呼ばれていました。

 

「コペル君、今君は大きな苦しみを感じている。なぜそれほど苦しまなければならないのか。

それはね、コペル君。君が正しい道に向かおうとしているからなんだ。

「死んでしまいたい」と思うほど自分を責めるのは、君が正しい生き方を強く求めているからだ。」

という言葉から始まるコペル君と叔父さんのノートのやり取り。

私たちが、人間としてどう一歩踏み出すべきかを考えさせられました。

とても読みやすく、心から感動できる1冊です。