読書のススメ
「『好き』の因数分解」

 

人にはそれぞれ、些細なことから大きなものまで様々な課題が存在します。

その課題を克服したり、目標を達成したりしながら、より良い幸せな人生を求めて生きています。そんな皆様へお勧めしたい本をご紹介していきます。

 

「『好き』の因数分解」         著者: 最果タヒ 氏

どうして好きなのか、

と言われても、答えようがない。そこに答えなどなくて、答えなど必要なくて、私の前にそれが存在することを、ただ確かめ続けたい。

「好き」という言葉はそのためにあって、それ以外何もない、その内側に何があるかなんて、知ろうとするたび爆発だけが起きる。風船が割れるみたいに真っ白になる。私はだけれど書いてみたい、真っ白なところではなくて、その破裂する瞬間を言葉にしたい。ここにあるのは、好きを飛び越えた私そのもの、もしくは、私さえ飛び越えた、生きることであると信じているから。

 

水泳をする。鼻に水が入ると怖い、目に水が入ると怖い、息がうまくできないのはとても恐ろしい、体と心の距離が縮まるたびに、肉体が、必死で生きていることを知る。いつもすぐそばに、死があることを知る。けれど、水の流れは新鮮で、私は体が「自分のもの」だと強く感じる。それもまた、とても落ち着く時間だと、思う自分が現れる。

 

 

一つひとつの言葉から日常の情景やその場面が想像できますが、こんなにも多彩な表現ができることに感動します。日本語の難しさと美しさと素晴らしさに触れることのできる1冊です。