就労移行支援事業所C-POWER
WorkingSupportドーラ
「マインドマップ」の講義

 

岐阜県多治見市にある「C-POWER WorkingSupport ドーラ」は身体、知的、精神などの何らかの障害がある18歳から65歳の方が就労を目指して取り組む就労移行支援事業所です。

ドーラ(DOLA)とは、「Design Of Life Academy」の頭文字をとって名付けた事業所で、障害のある方が自分自身のこれからの人生と向き合い、生きるために何を学び、社会の中でどう自立して生きていくかを考え、「自分の人生設計をしていく場」です。

ドーラの講義をご紹介いたします。

 

【マインドマップ】

マインドマップとは、頭の働きを活性化してくれるノート法です。

イギリス人教育者のトニー・ブザン (Tony Buzan)が、40年以上前に考案し、世界中で使われるようになりました。日本でもここ10年、マインドマップに関する書籍が多数出版されており、ビジネスパーソンや教育関係者を中心に注目を集めています。

トニー・ブザン (Tony Buzan)

トニー・ブザンは、1942年ロンドンに生まれました。

トニー・ブザンは、マインドマップの考案のみならず、世界的な教育者であり、脳の使い方や学習についての専門家でもあります。その著作は100タイトルを超え、世界100カ国、30言語以上に翻訳され出版されて、1,000万部以上出版されています。代表的な書籍としては、「ザ・マインドマップ」がよく知られています。

教育者として、世界各国を周り、子ども達の教育にあたる一方、政府や大手企業のコンサルタントとして、またオリンピックチームのメンタルコーチとしても活躍し、世界中で、知性や脳と人間の可能性について、広く啓蒙活動を行ないました。

また、脳、記憶力、速読法、創造性、イノベーションに関するスペシャリストとして、世界有数の経済紙「Forbes (フォーブス)」に、世界トップ5スピーカーとしてランクされました。

大変な親日家であり、囲碁や和食を愛し、「マイ箸」を常に持参するなどの一面もお持ちでした。

2019年4月13日に他界されています。

 

 

私たちの頭は、健全な状態であれば、「連想」を止めることなく続けます。しかし、連想は、初めから整理されているわけでありません。

何か一つのテーマを考え続けようとしても、上手くいかなかったり、頭の中に色々なことが思い浮かび整理がつかなかったりするのは、私たちの頭の持つ性質を上手く活用できていないからなのです。

もし、頭の中で起きていることを、「見える化」できたらどうでしょうか。

 

子どもの進学の事に思考が変化してしまっても、いつでもまた今日の仕事の順序のところに戻って来られます。それでいて、今日の仕事の順序を考えながらも、また、子どものことを考えることもできるようになるでしょう。

 

マインドマップは、このように様々な方向に広がる私たちの「連想」、つまり自然な思考プロセスを、そのままノートの上に反映したノート法です。マインドマップを使うことで、頭の中で起きていることが「見える化」されるため、考えることがラクになるのです。

 

 

マインドマップを学ぶことで得られる効果

  • 記憶力が高まる
    言葉と絵、カラー、記号を使った脳に自然なノート法であり、イメージと関連性、全体像が分かる。
  • 創造性が高まる
    全脳 (左脳と右脳)を使うので、新たな発想が起きやすくなる。
  • 相互理解が高まる
    チームでマインドマップを使ってコミュニケーションすると、相手の思考の背景が見える。

 

 

今回は、このマインドマップを使って、「ステイホームで得たこと」について考えてみました。

新型コロナウイルスの影響で自宅にいた時間は、決してマイナスなことばかりではなかったはずです。

この「ステイホーム」の期間に考えたことや実践したことをまとめ、日頃から取りくめるようにしていくといいですね。

以前はグループワークでも取り入れていました。みんなのいろんな意見が「見える化」しました。

またグループワークができるように工夫して訓練したいと思います。

 

今回完成したマインドマップは、個人課題の掲示コーナーに掲示しました。

カラフルで「なるぼど!」なマインドマップができました。