読書のススメ
「うつとの上手なつき合い方」

 

人にはそれぞれ、些細なことから大きなものまで様々な課題が存在します。

その課題を克服したり、目標を達成したりしながら、より良い幸せな人生を求めて生きています。そんな皆様へお勧めしたい本をご紹介していきます。

 

「うつとの上手なつき合い方」         著者:出口清一氏

 

頑張らず、遅々として焦らず、気楽にいこう

 

本書には、2度の病気休暇・復職という、重度のうつを乗り越えてきた著者だからこそわかる・・・でなければわからない・・・うつ病対策のヒントと秘訣を満載しています。

 

「努力できない状況をつくりましょう」

「現実逃避をしましょう」

「最も簡単な道を選んでください」

「行き詰まったら、簡単に諦め、引き返しましょう」

「いくつもの未来をもち、期待せずに期待して、遅々として焦らず、気楽にいきましょう」

「あなたは、うつとの対話・闘病を通して新しい価値観・志向・感性を得ます。必ず成長を遂げます。楽しみにしていてください」

 

あなたの代わりは、ほかの誰にもできません。でもあなたの職務は、誰かが代わっても行えます。

あなたは、あなたのうつとの対話・闘病を通して、新しい価値観・志向・感性を得ます。必ず自ずと成長を遂げます。楽しみにしていてください。

あなたのうつと私のうつとでは経緯・質・程度などすべてが異なり、あなたと私では性格・経歴・ライフスタイル・趣味・戻る環境(職場)なども異なります。

無責任なことは書けませんが、あなたが長期休暇を取り、この本を読み進めながらうつとだけ相対すことで必ず、うつに侵される以前の自分を取り戻せます。

信念・情熱・希望・期待だけで万事は思い通りに進みませんが、信念・情熱・希望・期待なくしては、何事も思い通りに進みません。

 

筆者と同じようにうつの出口を見つけようと苦しんでいる方が多くいらっしゃいます。

うつと上手に付き合う方法を身につけ、復職を果たし、家族と一緒に幸福に満ちた毎日が過ごせるヒントになるといいですね。