読書のススメ
「人生は出会った人で決まる」

 

人にはそれぞれ、些細なことから大きなものまで様々な課題が存在します。

その課題を克服したり、目標を達成したりしながら、より良い幸せな

運命人生を求めて生きています。

そんな皆様へお勧めしたい本をご紹介していきます。

 

「人生は出会った人で決まる」     著者:堀 貞一郎

出会いで、あなたの人生、人格が変わる

人間はこの世に生を受けてから、いろいろな人との出会いを重ねていきます。

そしてその出会いによって、ときには幸福になったり、またときには不幸になったりしながら、さまざまな人生模様を繰り広げていくことになります。

出会いとは、人間の一生に重い意味をもつ「できごと」なのです。

 

「幸運」か「不幸」かは、自分が決めること

そもそも運命の「運」とは一体何でしょうか。

運は「人智を超えたところで備えられたシチュエーション」。平たく言えば、神様が備えたシチュエーション、とでもいいましょうか。

そして、人間がそのシチュエーションをどのように受け取り、どのように活かすか殺すか。

あるいはどのように乗り越えるか、または乗り越えられないか。

それによって、幸運か不運かに分かれるのではないでしょうか。

幸運や不運は表裏一体であることが多いものです。

幸運か不運かは、最終的には自分が決めるのです。

 

生まれてきた限り、あなたにはミッションが与えられている

「自分がこの世に生まれてきたのには、何か理由があるはずだ。何か自分のミッション(使命)があるはずだ」と一度考えてみることは、絶対に必要なことだと思います。

言ってみればそれは、誰でもが探しに出かけるべき、「青い鳥」なのです。

自分のミッションとは何か、自分にはどんな隠れた才能があるかを探す旅は、仕事の面やプライベートな趣味の分野、どちらでも必要だし、たとえどちらに見つかっても喜ぶべきです。

 

私たちのかけがえのない人生を素晴らしく生き抜くために、素晴らしい人とたくさんの良い出会いをしていきたいと思いました。

家の中に1人でいては出会えません。自ら出会いのチャンスをつくり、出会い上手になりたいものですね。