就労移行支援事業所C-POWER
WorkingSupportドーラ
「トリビア」の講義

 

岐阜県多治見市にある「C-POWER WorkingSupport ドーラ」は身体、知的、精神などの何らかの障害がある18歳から65歳の方が就労を目指して取り組む就労移行支援事業所です。

ドーラ(DOLA)とは、「Design Of Life Academy」の頭文字をとって名付けた事業所で、障害のある方が自分自身のこれからの人生と向き合い、生きるために何を学び、社会の中でどう自立して生きていくかを考え、「自分の人生設計をしていく場」です。

ドーラの講義の1つをご紹介いたします。

 【トリビア】

今回のトリビアは、「読考書発聞(どっこうしょはつぶん)」です。

字の如く、「読んで、考えて、書いて、発表をして、みんなの話を聞く」という訓練です。

 

今回のタイトルは「失敗を恐れずに」です。

生活雑貨を企画・設計・販売してA社には、クリエイティブ課という部署があります。

この部署に異動してきたIさんは、「自分は事務作業なら得意だけど、何かを発想するのは得意ではない」と不安を抱いていました。商品開発の打ち合わせの時には、無言になってしまうAさん。そんなある日の打ち合わせ後、アイデアマンと称される先輩社員から「与えられる仕事をこなすのも大切だけど、間違ってもいいから発言してみることが大切だよ」とアドバイスされました。

その言葉に、自分で自分の得手不得手を決めつけていたことに気づいたIさん。

 

訓練生は静かに文章を黙読しました。何度も何度も読み返し、自分の意見や気持ちを書くことができました。

そして全員発表です。

職員も前に出て、自分の経験をもとに全員が発表します。

後ろの人まで聞こえるくらいの声の大きさで話します。そして、みんなの発表から学んだこともメモしていきます。

自分の考えや気持ちを自分の言葉で発表できるよう、だいぶ力がついてきたように感じます。

いろんな訓練を通して、自信をもって取り組めるようになってもらいたいです。