読書のススメ
「愛の縫い目はここ」

 

人にはそれぞれ、些細なことから大きなものまで様々な課題が存在します。

その課題を克服したり、目標を達成したりしながら、より良い幸せな

運命人生を求めて生きています。

そんな皆様へお勧めしたい本をご紹介していきます。

 

「愛の縫い目はここ」    著者:最果タヒ 氏

 

いつもタイトルの不思議さと表紙の美しさと滑らかさに、最果タヒさんの本を手に取ります。

言葉の美しさと思考の繊細さに「今日は何を考えさせてくれるだろう?」とワクワクしながら読み進めていきました。

タイトル通り「愛」についての詩から、こんな風に愛って表現できるんだ!と驚きの連続でした。

一部をご紹介いたします。

 

 

生活のどこかに好きな瞬間があるなら、

そのことがきみの本当の遺言だ。

家族や恋人や友達といった存在はたしかにすばらしいけれど、

それを差し置いて、きみが大切にしているシャンプーボトルや、

窓から見える大きいすぎるイチョウの木が、

死んでしまったきみの魂をつつんで、

それから貝のように硬くとじる。

永遠が始まる。

きみがまばたきのように、毎日一瞬だけ愛したものと共に。

 

真珠の詩

 

 

 

あとがきより

傷口が、私の輪郭なのか、世界の輪郭なのかわからないまま、境界として途方に暮れていた。だれかが、わかるよ、と言ってくれるまで、このまま、形のない熱や痛みのままで、どこに、手を当てたらいいのかすらわからないまま、ひとりきりで乾いて、かさぶたを作っていく。傷ついていくことが、こわれていくことだと、だめになっていくことだと当たり前に信じてきたけど、でも、本当は何かをそっと手作りしている途中なのかもしれないね。縫い目が増えていく。ぬいぐるみが、できあがっていく、毎日。

 

あなたの痛みに、わかるよ、と、言うことはできない。でも、誰にもわからなくても、あなたの痛みはそこにあるよ、と伝えたい。私などないまま、あなたの中に、あなたのものとなって、溶け込んでいく言葉を、書いていきたい。私にあるのはそれだけです。あなたの、曖昧さを抱きしめる。

その一瞬になりたかった。この詩集に、出会ってくれて、本当にありがとう。

 

 

本の中の文字と空間が、ひと呼吸おける感じで好きです。もう少しこの詩に浸れる。

そして、次の世界へ、、、。

 

繊細で複雑で、優しくて悲しくて、不思議だけど共感できて、でも共感してもらえている感じの

安心と、こんな自分でも大丈夫なんだと思える言葉に支えられます。