読書のススメ
「やってもやっても終わらない
名もなき家事に
名前をつけたらその多さに驚いた。」

 

人にはそれぞれ、些細なことから大きなものまで様々な課題が存在します。

その課題を克服したり、目標を達成したりしながら、より良い幸せな人生を

求めて生きています。

そんな皆様へお勧めしたい本をご紹介していきます。

 

やってもやっても終わらない

名もなき家事

名前をつけたらその多さに驚いた。」     著者:梅田悟司 氏

「家事」と聞いて何を思い浮かべますか?

家事というのは・・・・・料理 洗濯 掃除 買い物  のことだ。

育児休暇をとる前、このように思っていました。

でも、現実は違ったのです。

家事というのは・・・・・・

あ~~~~!

名もなき家事多すぎ!!!

しかも、終わりがない。

達成感もない。

誰かにほめられることもない。

もはや、ないないづくし・・・・・・・。

この事実に気づいてから、家事に対する見方が激変しました。

家に帰ると、ごはんができている。部屋が片付いている。お風呂やパジャマとともに、寝る準備が整っている。

これって実は、

奇跡だったんだ。家に帰ると、ごはんができている奇跡。

部屋が片付いている奇跡。お風呂やパジャマとともに、寝る準備が整っている奇跡。

それまでの長い長い

名もなき家事をこなした時間を想像しただけで、

圧倒的リスペクト!

そこで、考えました。

名もなき家事に

名前をつける。

それが、コピーライターである自分にできる、家事をがんばる人に対する最大限の敬意の示し方なのではないか。

家事をがんばることの大変さも、尊さも、素晴らしさも、もっともっと世の中に広がれ!

 

 

こんな出だしの1冊です。仕事をしながら家事をこなす私としては、こんな理解のある夫であれば奥様は幸せだろうなと思ってしまう・・・。ないものねだりですね。

自分の家で起きている出来事と照らし合わせながら、「あるある~!」と笑いながら読みました。

「こんなに頑張っている自分をほめて、ほめて、ほめまくってあげて」の著者からのメッセージ。

うなずく回数が多いのは、家事を頑張っている証拠ですね。

そうなんです。「仕事の方が楽」

それに気づいたなら、家事をしてくれる家族に感謝の言葉を伝えましょう。

明日もガンバロ~っ!!