読書のススメ
「運は操れる 望みどおりの人生を実現する最強の法則」

 

人にはそれぞれ、些細なことから大きなものまで様々な課題が存在します。

その課題を克服したり、目標を達成したりしながら、より良い幸せな人生を

求めて生きています。

そんな皆様へお勧めしたい本をご紹介していきます。

 

「運は操れる 望みどおりの人生を実現する最強の法則

著者:メンタリスト DaiGo 氏

・いざというときにミスをする自分は運が悪い

・上司からの評価が高い同僚は、自分より運がいいだけだ

・宝くじは買わないと当たらないと言うけれど、どうせ買っても当たらない

・ギャンブルで勝つ人、負ける人の差は運の違いだ

・良縁に巡り合わないのは運が悪いから

 

あなたは、運/不運を自分の力ではどうにもならないものととらえ、こんなふうに考えているかもしれません。

運を成功と失敗の理由にすると人は成長しなくなる

結論から言えば、運は操ることができ、その力はトレーニングによって誰もが伸ばしていくことができます。動体視力を鍛えれば、ジャンケンに負けなくなるようにです。

スピリチュアルな言い方をするなら、あなたの手で幸運を引き寄せられるようになるのです。

多く人は、原因のよくわからない出来事に対して「運」という言葉を使います。

それは「運」という言葉が、よくわからない気持ち悪さを払拭してくれるからです。

しかし、「運」を理由にした途端、人は考えること、行動することをやめてしまいます。

あるいは、じゅうぶんな準備をしたのに思うような結果が出なかったとき、「今回は運がなかった。仕方がない」と慰められることがあります。たしかに、運のせいにすると気が楽になります。しかし、本当に準備はじゅうぶんだったのでしょうか。思うような結果が出なかったのは、見込みが甘く、シミュレーションが不足していたのかもしれません。

失敗にも必ず理由や原因があります。そこに目を向ければ、改善策を練ることができ、同じ失敗を避け、次回の成功率を高めることができるはずです。

しかし、うまくいったとき、うまくいかなかったとき、どちらも「運」を答えにすると、そこで成長が止まってしまいます。

・仕事でも恋愛でも、いざというときにこそ強くなる

・不安を感じることが減って、余裕ある毎日を過ごせるようになる

・運のいい人がなぜ、運がいいのかを見抜けるようになる

・いまよりも豊かな暮らしを実感できるようになる

・チャンスに気づき、運が味方になる状況を作り出せる

 

運を操り、こんな変化を実感したいですね!

古代ギリシャの哲学者・アリストテレスは「幸福は自分次第」と言っていました。

「運」に振り回されず、運命を自分の手で切り開いて、自分の人生を自分でつかんでいきたいものですね。