読書のススメ
「自分は評価されていないと思ったら読む本」

 

人にはそれぞれ、些細なことから大きなものまで様々な課題が存在します。

その課題を克服したり、目標を達成したりしながら、より良い幸せな人生を

求めて生きています。

そんな皆様へお勧めしたい本をご紹介していきます。

 

「自分は評価されていないと思ったら読む本」    著者:小笹芳央氏

問題は「人」ではなく「間」に起こる

家族でも、学校のクラスでも、サークルでも、人が集まるところに何らかの問題が起こります。

会社も、例外ではありません。ミスやトラブルは、組織運営上、避けては通れないものです。

避けては通れないのだとすれば、それをできるだけ大きくせず、早く解決することが、業務を滞らせず、顧客や取引先などにも迷惑をかけないために重要になってきます。

それにはどうすればいいのでしょうか?

問題が起こったとき、とかく「○○営業部長が悪い」「△△技術部長が悪い」、あるいは「営業部が悪い」「技術部が悪い」というように、誰か特定の人や部門、部署に問題の原因を求めがちです。

しかし、実際には、特定の個人や部門、部署だけに原因があることは稀です。

会社には多くの人が集まっており、その人たちによって部門、部署が構成され、その関係性の中で仕事が動いていきます。

そう考えたとき、問題は、特定の個人、部門、部署などの「点」にあるのではなく、関係性―つまり、人と人の「間(あいだ)」-にあるという見方のほうが、問題発見が早いのです。

 

会社は「生き物」です。

我々の体の中には、骨があり、臓器があり、筋肉がある。それらを網の目のように血管が結び、その中を血液が流れています。会社にも同様に、様々な機能をもつ部門、部署があり、それを構成する人々が働いています。そして、人の血液のように、情報やコミュニケーションが流れ、会社は動いているのです。

人の血液の流れが滞ると、肩こりや冷え性、ひいては内蔵の不全など、体調不良や病気を引き起こします。

同様に、会社も、情報やコミュニケーションの流れが悪くなることで「病気」、つまりミスやトラブル、組織の機能不全を起こしてしまいます。

血液の流れを悪くするのは、人と人、組織と組織の「間」にできた「血栓」、つまりコミュニケーションの目詰まりです。

組織に問題が起こっているとき、少し視点を変えて「自分が目詰まりの原因になっていないだろうか」と考えることも大切です。

 

 

あなたは、「間」として機能していますか?

常に自分の働きを自問自答し、人のせいにしない自分でありたいと思いました。