読書のススメ
「コンプレックス・プリズム」

 

 人にはそれぞれ、些細なことから大きなものまで様々な課題が存在します。

その課題を克服したり、目標を達成したりしながら、より良い幸せな人生を

求めて生きています。

そんな皆様へお勧めしたい本をご紹介していきます。

 

「コンプレックス・プリズム」 著者:最果タヒ 氏

話すのが苦手って、本当?

人と話すのが苦手だ。でも、嫌いではないと思う。打ち合わせとかインタビューで話しているときはそれなりに楽しい。けれどそれは相手が私をゲストとして扱ってくれるから、隅々まで気を遣ってくれているからだろう、そう帰り道に思い直しては、申し訳なくて申し訳なくて、楽しいとか浮かれていた自分を恥じる。私は、「話をさせてもらう」場でないと楽しいとは思えない。サービスのような対応でしか喜ぶことができない。せめて、そういう場でも楽しくない、って思える人間だったらよかったのになぁ。これがコンプレックスです。私は話したいのだ、話したいくせに「会話」を望んでいない。相手との和を作ることをがんばれない、和をきっと、好きでいることができていない。

 

そして、それなのに「話すのが苦手だ」なんて誤魔化して暮らしていた。私はただ自分勝手なだけだろう。わかっていても、私はコミュニケーションが苦手だ、他人が怖い、と繰り返した。そうやって逃げて、平穏を手に入れる。沈黙の中、さみしさをそんなに感じずにいられる自分を、「強い」とすら誤解していた。

 

 

本当は、ただ私の技術が足りないだけだ、けれど、技術が足りなさすぎて、自分を犠牲にする以外方法が見つからない。そうして私は、場を盛り下げてきた、期待外れだという顔をさせてしまった、つまんない奴だと言われてきた、そのたびに、なんかしんどい、と正直思った。意固地なのは私なのに、未熟なのは私なのに、そこで私は疲れてしまった。

 

私は身勝手だし、自分のことが大切で、でも、だからって一人でいる時間だけを愛して、ほかの、みんなと楽しく過ごす時間をすべて嫌うことなど、憎むことなど、できなかった。憧れています、たのしい会話。空気を読んだ上で、たのしい会話、できるならほんとはしたいです。でも、私はきっとこれからも自分を守ることを優先するし、そこにはまた別のプライドがあるから、後悔はしません。ただ、いいなぁって思っていたいな。叶わなくても、ずっと思っていたい。だから、いいと思います。「会話が嫌い」でも「コミュニケーションが憎い」でもなくて、「ただ話をするのが苦手」、それでいいと思っています。

 

 

 

私のコンプレックスとプライドの代弁者だと感じました。

この気持ち、手に取るようにわかる、まるで私の中のことをまとめてくれたの?って感じで読みました。

だって、・・・講義の時にも、子ども懇談でも、会議でも、家の中であっても、私の仕事は私の考えを話すことだし、理想論であっても「そうありたい」と話さなくてはいけない。(と思っている)

自分の口から出た言葉は、そのまま自分にインプットされるもので、実践しなくてはいけないし、それをみんなが見ている・・・。

わざわざ傷をつけて、不透明にした自分のあちこちを光に当ててみる。

私だけじゃなかったの?

そんな奥底の本当のかけらを表現する作品でした。