読書のススメ
「今日のうんこ」

 

人にはそれぞれ、些細なことから大きなものまで様々な課題が存在します。

その課題を克服したり、目標を達成したりしながら、より良い幸せな人生を

求めて生きています。

そんな皆様へお勧めしたい本をご紹介していきます。

 

「今日のうんこ」    著者:内科医 おおたわ史絵 氏

 

「うんちはどうやってできるのか?」

あなたは考えたことがありますか?

仕事の合間にふと手をとめて「今日の晩ご飯は何にしようかな?」と考える人はいても、

「はて、今日の便はいつ作られたのだろうか?」なんてことに思いめぐらせる人はまずいないものです。

そう、私たちは毎日のように排便をしているくせに、その製造過程についてはきわめて無頓着。

しかし、便について語るのなら、何をおいてもその成り立ちを知らねば話が始まりません。

うんちの作られ方について、一緒に楽しく考えていきましょう。

 

内科医ならでは切り口で、うんちができるまでを考えながら読み進めました。

 

我々が飲食をするとき、口から入るものは食べ物ですが、肛門を出ていくときには、「うんち」と呼ばれる別モノになっています。

この、口から食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門までを、まとめて消化管といいます。

長さはおよそ9メートル。

形は複雑で曲がりくねっていますが、ようは、1本のホースのような管です。

この管の中で便は作られるわけですけど、その所要時間はいったいどのくらいだと思いますか?

食事の量や食材の種類、腸の長さや機能によって、個人差はあれど、短い時で15時間、長ければ72時間、平均30時間もかかるのです。

つまり、今朝の便は昨夜食べたものではなく、1~3日前の食事によって作られたものだということになります。

便って案外、過去のモノなんですね。

健康な人の便の色は、例外なく茶系です。

「あら、今日はきれいなピンク!」なんてことは絶対にありません。

何を食べてもさえない茶色なのです。ただ、黄色っぽかったり、こげ茶っぽかったり、茶系でもバリエーションは幅広いです。この色は胆汁の色素、ステルコビリンやウロビリン由来の物です。

胆汁は肝臓で作られ、胆のうに一旦貯蔵されます。そして、食べ物が胃を通過すると十二指腸から合流し消化を助けます。もともとの胆汁は黄緑系の色調ですが、腸内細菌の酸化作用によって、茶色く変わり、食べた物によっても微妙に色は違います。

これは順調に胆汁が分泌され、しっかり消化吸収がなされている証なのです。

毎回便の色も確認して、今日の健康に感謝したいですね。

排便の3原則

  • 和式でも洋式でも、どんなに長くても10分以内にはトイレから出ること
  • 肛門付近の雑菌が尿道に入ってはいけないので、女性は前から後ろにふくこと
  • 肛門はデリケート。洗いすぎたりゴシゴシこすりすぎたりしないこと

 

 

「うんち」のうんちく・・・「へ~~」と思って読みました。

うんちについて、真剣に考えたことがない人って多いのではないでしょうか?

これからも自分のお腹を大切に、そして、うんちの確認を忘れずに健康管理をしていきましょう!