読書のススメ
「空気は読まない」

 

 人にはそれぞれ、些細なことから大きなものまで様々な課題が存在します。

その課題を克服したり、目標を達成したりしながら、より良い幸せな人生を

求めて生きています。

そんな皆様へお勧めしたい本をご紹介していきます。

 

「空気は読まない」   著者:鎌田 實 氏

KYって初めて聞いたとき、

なんのことだかわからなかった。

「空気が読めないヤツ」のことだと教えてもらった。

KYって言われたくなくて、

みんなが、空気にとらわれはじめた。

なんか、おかしい。

空気は読めるが、

空気に流されないことが大切なのではないか。

空気は読めるが、

空気をかきまわしたほうがいいときもある。

『「空気」の研究』って本があった。

昔、みんなが空気感染して、

なんだかわからないうちに、

ぼくたちの国は戦争をしてしまった。

「空気」を読んでばかりいると、

あの時代のように、

人は、自分の意見や意思を、

見失ってしまうのではないだろうか。

 

 

ときには、流れに身をまかせてみるのもおもしろい

 

結婚したいけど、できない男たち、女たちはどうしたらいいのか。

「男性に必要なのは、もっと自分を磨くこと。経済力をつけること。コミュニケーション能力をつけること」

うーん、女性のニーズに応えるのはたいへんだ。イバラの道だと同情してしまう。

では、女性には何が必要か。

「今の女性たちは、自分磨きはもう充分。むしろ、積極的に外に出ていき、男性に声をかけること」

男たちはプライドが高く、傷つきたくないと思って萎縮している。だから、女性から声をかけるしかないという。

男も女も、たいへんな時代になったものだ。

「結局は、流されてみることが大事なんです」

ドキッとした。いいな、いいな、と思った。こういうの大好き。

そうか。婚活なんて言い出した張本人も、内心じゃあ、結婚活動なんてくだらないと思っているのかもしれない。

結婚なんてものは、しても、しなくてもいい。相手を選ぶも、その人と結婚するかどうか決めるときも、あまり頭デッカチにならず、計算しすぎたり、将来を予測しすぎたりせず、「なんとなく」でもいいのかもしれない。

流されてみよう、ときには。運命や時代の空気を受け入れて身をまかせてみよう、ときには。

時代の空気に流されない。そう言い切る一方で、ときには流されて、ゆらゆらと生きていくのもけっこういいものだ、と思う僕がいる。

もちろん、その前提として、自分の核をきちんともっていることが大事だけれど、ときには柔軟に流れに身を任せてみたり、自ら流れに飛び込んでみたりするのも、おもしろい。自分というものの幅が、ぐんと広がる。

しょせん、人生も結婚も、なるようにしかならないのだから。

 

 

 

空気って見えないものだけれど、感じることってありますよね。

「空気を読め!」って言ったり「空気を読み過ぎて弱気になるな!」と言ったり。

どっちなんだー!!

どっちも大事な時がくるんですよね。その空気をうまくつかんでいきたいものです。

空気って掴める??ってなっちゃいますが・・・。