就労移行支援事業所C-POWER
WorkingSupportドーラ
「マインドマップ」の講義

 

 岐阜県多治見市にある「C-POWER WorkingSupport ドーラ」は身体、知的、精神などの何らかの障害がある18歳から65歳の方が就労を目指して取り組む就労移行支援事業所です。

ドーラ(DOLA)とは、「Design Of Life Academy」の頭文字をとって名付けた事業所で、障害のある方が自分自身のこれからの人生と向き合い、生きるために何を学び、社会の中でどう自立して生きていくかを考え、「自分の人生設計をしていく場」です。

ドーラの講義をご紹介いたします。

新型コロナウイルスの影響で急激に広がりを見せているのがオンライン授業

オンラインとは、「インターネットにつながっている状態」のことで、その状態で授業を行うことを「オンライン授業」といいます。

ドーラでも、在宅で訓練されている方と、通所されている方のオンラインとリアルの同時講座となりました。

 

【マインドマップ】

 

今回のテーマは「しない方がいいこと」です。

特に今はコロナ禍で、一人ひとりの「私は何をして、何をしないか」が問われます。

いつもは「こうした方がいい」ということを伝えていますが、あえて、「しない方がいいこと」を考えると「すべきこと」が見えてくると思いました。

 

PCで取り組む方は「xmind」というソフトを活用してマインドマップを作成していきます。

手書きの方は、A3用紙を横向きにして、中心から放射状にどんどん書いていきます。

実際の行動として「しない方がいいこと」と、心の中の自分として「そう考えない方がいい」という両面が見えてきました。

 

心の中で思うことは行動としてつながっていきます。

「私は今、何をしない方がいいのか」を考えると、「私は今、何をすべきか」が見えてきます。

これはコロナ禍だからこそ大事に考えるべきことであったり、コロナ禍でなくても考えた方がいいことだったりもします。

別のブランチで考えていたことでも、考えていくうちにつながってくることもありました。

「しない方がいい」と分かっているのに、ついしてしまうこともありました。

自分で考えたことで、「しない方がいい」と思ったことがあれば、是非しないように行動したいですね。

そして、どうしてしてしまうのか、どうしたらしないようにできるかも考えていけるといいですね。

 

私たちは弱い。

弱いからこそ、みんなと助けあって生きていくのです。

私たちは一人ではない。

あなたは、私は、誰かの助けになるのです。

みんな特別。

あなたが悲しいと、悲しむ人がいます。

あなたが嬉しいと、一緒に喜んでくれる人がいます。

あなたが大事。私も大事。みんな大事で特別です。

マインドマップで自分の心を整理していきましょう。