就労移行支援事業所C-POWER
WorkingSupportドーラ
「Word,Excel」の講義

 

岐阜県多治見市にある「C-POWER WorkingSupport ドーラ」は身体、知的、精神などの何らかの障害がある18歳から65歳の方が就労を目指して取り組む就労移行支援事業所です。

ドーラ(DOLA)とは、「Design Of Life Academy」の頭文字をとって名付けた事業所で、障害のある方が自分自身のこれからの人生と向き合い、生きるために何を学び、社会の中でどう自立して生きていくかを考え、「自分の人生設計をしていく場」です。

ドーラの講義の1つをご紹介いたします。

WordExcel講座①】

まずは基本から!Wordの文章を作成しよう

新しい文章の作成

Wordを起動した直後に表示されるスタート画面から新しい空白の文書を作成することができます。

何も入力されていない文書が表示されるので、一から新しく文章を入力したり、画像や図形を挿入したりできます。Wordではファイルのことを「文書」といいます。

 

★次の操作を行ってみよう!

① Wordを起動し、新しい文書を作成

スタートボタン→Microsoft Office 2013→Word 2013→白紙の文書 をクリック。

② 文字を入力

1行目に「令和3年1月7日」を入力。Enterを押して改行。

2行目に「セミナー受講報告書」を入力

Point

ファイルタブを使った文書の作成

Wordを起動した状態で、新しい文書を作成してみよう!

≪ファイル≫タブ→≪新規≫→≪白紙の文書≫

 

新しい白紙の文書が開きます。

タスクバーのWordのアイコンを押して文書を選ぶことができます。①で作成した「セミナー受講報告書」の文書をクリックして開いてみましょう。

※この四角のゾーンをタスクバーと言います

③ 文書を保存

≪ファイル≫タブ→名前を付けて保存→参照

PC→dola-free→(自分の名前のフォルダ)→ファイル名に「セミナー受講報告書」と入力し、保存ボタンをクリック

保存ができました。画面右上の×(閉じる)ボタンを押して画面を閉じます。

「セミナー受講報告書」の文書が閉じました。

「白紙の文書」がまだ開いていますね。こちらは文字を入力していないですし、今回、保存はなしで良いです。同じように画面右上の×(閉じる)ボタンを押すと画面が閉じます。

 

豆知識

文書を保存せずに閉じるボタンを押すと「保存しますか?」と警告がでます。保存をクリックすることで保存することができます。保存のし忘れを防ぐことができますね。(先ほど「白紙の文書」を閉じる際に保存していないのにこの警告がでなかったのは、何も文字を入力しておらず、文書に変更がされていない状態だったからです。)

テンプレートを使って文書を作成してみよう

「テンプレート」とは、文書のひな形のことです。文書にあらかじめタイトルや項目が入力され、書式やスタイルなども設定されており、一部の文字を入力するだけで簡単に目的の文書を作成できます。

テンプレートを利用するには、テンプレートをもとに新しい文書を作成します。テンプレートの内容がコピーされた文書が表示されるので、必要な部分を入力して文書を完成させます。作成した文書は、もとのテンプレートとは別のファイルなので、内容を書き換えても、元のテンプレートには影響しません。

① Wordを起動し、テンプレート「パーティの招待状用のチラシ」をクリック。

 

ドーラの成果記念報告会の招待状を作ってみましょう。(※以下の内容は2年前に行われた成果報告会の内容です)

ドーラ 7周年成果報告会

日時 令和元年8月3日 10:00~12:15

場所 507-0048 岐阜県多治見市池田町1-78

電話番号 0572‐26‐8523

受付   10:00~10:15

 

1、座談会

 

2、感謝のマインドマップ

 

3、振り返り・感想

 

退席   12:15~

 

出欠確認 7月26日(金)までに出欠確認用紙を提出

 

 

②テンプレートの文章を削除して書き直しましょう。

 

(完成例)

文字の大きさや色を変えても良いですし、メッセージや画像を入れても良いです。

職場でパソコンを使用することがあると思います。基本的な操作方法を身につけておきましょう。

実際にやってみることで、どこが分からないかが具体的になりますね。