読書のススメ
「幸せについて」

 

 人にはそれぞれ、些細なことから大きなものまで様々な課題が存在します。

その課題を克服したり、目標を達成したりしながら、

より良い幸せな人生を求めて生きています。

そんな皆様へお勧めしたい本をご紹介していきます。

 

「幸せについて」 著者: 谷川俊太郎 氏

 

一時の幸せ、一日だけが幸せでは、ふつうヒトは満足しないよね、幸せは長く続いて欲しいとみんな思う、これは欲張りとは違う生命の自然。継続は力なりって言うじゃない、幸せの継続は生きる力をもたらすから、日々の暮らしを無理なく、快適にするのも基本的に大事だとぼくは思う。

 

長続きする幸せは平凡な幸せだ、言葉を代えるとドラマチックな幸せは長続きしないからこそ濃い。幸せが毎日の暮らしの低音部を担っていて、幸せだっていうことに気づかないくらいの、BGMみたいな幸せが、一番確実な幸せかもしれない。

 

愛されているのは最高の幸せだけど、もしかすると愛されていなくても愛している幸せの方が、もっとずっと深く長くヒトを支えるかもしれない。

 

ウォーコップというイギリスの哲学者は、生きることを「死を回避する挙動」と「生きる挙動」の二つに分類しました。我々現代人の日常的な行動の大半は、「死を回避する挙動」から成っています。だから「癌になったら怖い」とか「まだ死にたくない」とか、そういう不安や恐怖の気持ちが出てくる。でも本当は「生きる挙動」のほうがずっと大切で、これはなんだか訳がわからなくなるけれども、自分の内面から湧いてくるエネルギーのようなものなんです。

 

本当の幸せというのは、そういうふうに、なんだか訳が分からないけれども自分の中から湧き出てくるものだというふうにぼくは考えています。それは人間の感情というより、イノチというものの持つエネルギーかもしれません。

そういった「自分の中から湧き出てくる幸せ的なもの」というのは、毎日の暮らしの中である秩序を守って生活していると、本来はイノチの自然として、湧いてくるものなのではないでしょうか。

幸せについて語る言葉は掃いて捨てるほどありますが、どれも明快なものではありません。幸せという美しい蝶は、ピンでとめて標本にすることができないもののようです。

 

 

皆さんは、最近、「幸せだな~」と感じたことがありますか?

私は毎晩、子どもと布団に入るときに「幸せだな~これがずっと続けばいいのに…」と思います。おいしいお酒を飲んだとき、お風呂に入ったとき、いろんな「何かをしたとき」に幸せを感じます。でも本当は「生きていること」自体が幸せなことなんだよな~って改めて感じられた1冊でした。

 

 

ときどき思う、

死んでからヒトは、生きていたことが、

生きているだけでどんなに幸せだったかを悟るんじゃないかって。