就労移行支援事業所C-POWER
WorkingSupportドーラ
「マインドマップ」の講義

 

 岐阜県多治見市にある「C-POWER WorkingSupport ドーラ」は身体、知的、精神などの何らかの障害がある18歳から65歳の方が就労を目指して取り組む就労移行支援事業所です。

ドーラ(DOLA)とは、「Design Of Life Academy」の頭文字をとって名付けた事業所で、障害のある方が自分自身のこれからの人生と向き合い、生きるために何を学び、社会の中でどう自立して生きていくかを考え、「自分の人生設計をしていく場」です。

 

一人ひとりが希望する働き方を一緒に考え、それが実現できるように、必要な訓練を、共通課題・個別課題・自由課題に分かれておこないます。

 

希望する働き方や、実現までの道のりは、一人ひとり違います。

それぞれに合わせたプランに沿って、必要なことを訓練していきます。

電話応対やパソコン訓練、コミュニケーション能力など、社会に出るために必要な力をビジネス基礎としてカリキュラムに準備しています。

一人ひとりの「こんなふうに働きたい」を考え、そのためには何が必要か、今の自分を知り、環境を知り、自分の役割を知ることができるように、毎日の訓練を大切にしています。

就労移行支援事業所「C-POWER WorkingSupportドーラ」の講義をご紹介いたします。

 

【マインドマップ】

マインドマップとは、頭の働きを活性化してくれるノート法です。

イギリス人教育者のトニー・ブザン (Tony Buzan)が、40年以上前に考案し、世界中で使われるようになりました。日本でもここ10年、マインドマップに関する書籍が多数出版されており、ビジネスパーソンや教育関係者を中心に注目を集めています。

マインドマップは、このように様々な方向に広がる私たちの「連想」、つまり自然な思考プロセスを、そのままノートの上に反映したノート法です。マインドマップを使うことで、頭の中で起きていることが「見える化」されるため、考えることがラクになるのです。

以前のテーマで「しない方がいいこと」を考えました。特に今はコロナ禍で、一人ひとりの「私は何をして何をしないか」が問われています。

あえて、「しない方がいいこと」を考えることで「すべきこと」が見えてきました。

今回は、「今、したいコト」「これからしたいと思っているコト」を考えてワクワクしたいなぁと思います。

 

PCで取り組む方は「xmind」というソフトを活用してマインドマップを作成していきます。

手書きの方は、A3無地の用紙を横向きにして、中心から放射状にどんどん書いていきます。

 

コロナ禍の前は、ドーラの昼休みはカードゲームで盛り上がっていました。UNOやトランプをして拍手や歓声が聞こえ、楽しい昼休みでした。またそんな日が戻ってくるといいなぁと思います。

 

「昼休みにゲームをしたい」「旅行したい」「海へ行きたい」「カラオケに行きたい」「ショッピングしたい」「外食したい」「病気を治したい」「好きなだけ寝てみたい」「スポーツをしたい」「楽器の演奏をしたい」「一人暮らしをしたい」「マスクを気にしないで出歩きたい」「イラストを描きたい」「メイクをしたい」「彼女とデートしたい」「結婚したい」・・・

 

様々なやりたいコトが見つかりました。

でもやっぱり「働きたい!」 これが一番ですね。

働くことで見えてくることがあります。

働くことでやりたいことができるようになることもあります。

訓練生(仲間)と共通の目標に向かってやりたいことに取り組めることは幸せですね。

どんなに頭を捻っても、考えるだけでは「やりたいこと」はわかりません。

「やりたいこと」の種は複数あって、どれが本物なのかはやってみないとわからないのです。「やりたいこと」を見つけるためには、とにかく今の自分が少しでも興味のあることをやってみるということしかありません。

本物の「やりたいこと」の種は、きっと今の自分の中にある小さな「興味」の中です。

でも、いくつかあるその「興味」の中で、「今の時点で関心が高いもの」と「将来的に見える本当に自分のやりたいこと」が必ずしも一致するとも限りません。

そして厄介なことに、今この瞬間にはどれが「本当にやってみたいこと」なのかはわからないのです。

「本物のやりたいこと」は憧れからではなく自分の体験から生まれます。

自分のやりたいことを見つけるヒントは「将来」ではなく「今この瞬間」にあります。

 

今、何に興味がありますか? 今、やってみたいことは何ですか?
少しでも関心があることがあれば一歩踏み出してみましょう。
最初は面倒くさいかもしれません。もしかしたらやりたいことじゃないかもしれません。
でも、まずはやってみることです。

やってみなければ、それがやりたいことかどうかなんて一生わかりません。
やってみて、もし違ったのならやめて、また別のことをすればいいですね。

これは自分の人生なのです。

自分の直感に従って今を生きたいように生きてみましょう。

行動を起こし続ければ必ずやりたいことにぶつかる時が来るはずです。