就労移行支援事業所C-POWER
WorkingSupportドーラ
「良いトコ見つけ」の講義

 

岐阜県多治見市にある「C-POWER WorkingSupport ドーラ」は身体、知的、精神などの何らかの障害がある18歳から65歳の方が就労を目指して取り組む就労移行支援事業所です。

ドーラ(DOLA)とは、「Design Of Life Academy」の頭文字をとって名付けた事業所で、障害のある方が自分自身のこれからの人生と向き合い、生きるために何を学び、社会の中でどう自立して生きていくかを考え「自分の人生設計をしていく場」です。

一人ひとりが希望する働き方を一緒に考え、働くために必要な訓練を「共通課題」「個別課題」「自由課題」に分かれて行います。

希望する働き方や実現までの道のりは、一人ひとり違います。

それぞれのプランに合わせて、必要なことを訓練していきます。

電話応対やパソコン訓練、コミュニケーション能力など、社会に出るために必要な力をビジネス基礎としてカリキュラムに準備しています。

一人ひとりの「こんなふうに働きたい」を考え、そのためには何が必要か、今の自分を知り、環境を知り、自分の役割を知ることができるように、毎日の訓練を大切にしています。

ドーラの講義をご紹介いたします。

 

【良いトコ見つけ】

何気なく過ぎる毎日でも、その日は誰かにとっての大切な記念日です。

一日を大切にする気持ち、1分1秒を大切にする気持ちをもてるようなきっかけになればと思っています。

この講義は「今日は何の日?」から始まり、いろんなことに興味がもてるようになるための訓練の一つです。些細なことに興味をもつことで、会話の引き出しを増やし、雑談力を鍛えていきます。

 

今回は7月のイベントの中から「土用の丑の日」について学びました。

そもそも「土用」ってご存じですか?

「土用」は、暦の上で「雑節」とされているもので、年に4回訪れます。

「土用の丑の日」は?というと、夏土用の期間中に訪れる「丑の日」を指したものです。

土用には、古代中国の思想である「陰陽五行説」がかかわっています。

陰陽五行説は、

  • 自然界のあらゆるものを「蔭」と「陽」にわけた「陰陽論」
  • 自然界は「もく」「」「」「ごん」「すい」の5つの要素でなりたっているとする「五行説」

この2つを組み合わせて、宇宙や自然、人事などありとあらゆる現象を説明する理論です。

四季を五行説で表そうとした時、五行説が持つ5つの要素に1年を表す四季を当てはめ「春=木」「夏=火」「秋=金」「冬=水」としました。

でも、これでは五行説の構成要素である「土」が欠けてしまいます。

そこで、それぞれの季節の終わり約18日間に「土」を割り当てて「土用」としたのです。

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」各日の前、約18日間が土用の期間となっています。

本来、五行説の5つの要素は「木気・火気・土気・金気・水気」といい、「土用」というものはありません。

「土用」は、元々「土旺どおう(王)用事ようじ」と言い、この「旺(王)」と「事」が省略されたものとされています。

「土旺用事」は、「土の気がさかんになり事を用うる」と読みます。

ここでの「用」には「はたらき」という意味がありますから、土の気がもっとも働く期間を指しています。

そして「王」には「大きく伸びる」といった意味があり、「旺」は「日の光が盛んに四方に放たれるさま」を意味しているそうです。

他に、「土旺(王)」が日本に伝わってから発音がなまって「どよう」になったため、「用」という漢字があてはめられて「土用」になったという説もあります。

 

「夏土用は丑の日にうなぎを食べる」これは定番中の定番ですし、その由来も平賀源内説が浸透していますが、土用の丑の日には「うのつく食べ物を食べるといい」とも言われています。

同様に、他の土用にも「〇の日に×××を食べるといい」というものがあり、食べ物を決めるにあたって関係してくるのが「五行思想」です。

五行思想は森羅万象全ての物を「木・火・土・金・水」に当てはめるものですから、色も割り当てられています。

さらに「土用の丑の日」のように、食べるといい日を確定する事には、土用が属する月の干支も絡んでいます。

これらを踏まえて、4つの土用を見てみると

  • 冬土用:旧暦12月(丑)、冬(水)、黒
  • 春土用:旧暦3月(辰)、春(木)、青
  • 夏土用:旧暦6月(未)、夏(火)、赤
  • 秋土用:旧暦9月(戌)、秋(金)、白

となります。

その上で登場するのが、「相生・相剋」という考え方です。
・相生=相手を生み出していく陽の関係
・相剋=相手を打ち滅ぼしていく陰の関係

食べ物を決める要素となったのは、「相剋」の関係です。

お馴染みの夏土用を例にして、簡単に説明したいと思います。

夏土用の属する期間は、夏で火が配されています。

暑い夏を乗り切るには、火の力を弱めなくてはいけません。

そのため火と相剋の関係にある、水の力を利用したのです。

水性の季節は冬ですから、夏土用と冬土用が相剋の関係になります。

冬土用は旧暦12月で丑月なのですが、夏土用の未月に丑月があるわけもなく、代わりに丑の日が利用されました。

そして、水性の色は黒ですから「黒い食べ物」となります。

また、「丑」の頭文字をとった「うの付く食べ物」もいいと言われています。

2021年の丑の日は、7月28日(水)です。

「う」のつく食べ物は、お馴染みのうなぎを筆頭に、うどん、梅干し、瓜、牛(肉)などがあります。黒い食べ物は、シジミ、黒豆、昆布などです。

土用は季節の変わり目に当たる期間なので、体調管理にも十分気を付けて過ごしていきましょう。