就労移行支援事業所C-POWER
WorkingSupportドーラ
「マインドマップ」の講義

 

 岐阜県多治見市にある「C-POWER WorkingSupport ドーラ」は身体、知的、精神などの何らかの障害がある18歳から65歳の方が就労を目指して取り組む就労移行支援事業所です。

ドーラ(DOLA)とは、「Design Of Life Academy」の頭文字をとって名付けた事業所で、障害のある方が自分自身のこれからの人生と向き合い、生きるために何を学び、社会の中でどう自立して生きていくかを考え、「自分の人生設計をしていく場」です。

 

一人ひとりが希望する働き方を一緒に考え、それが実現できるように、必要な訓練を、共通課題・個別課題・自由課題に分かれておこないます。

 

希望する働き方や、実現までの道のりは、一人ひとり違います。

それぞれに合わせたプランに沿って、必要なことを訓練していきます。

電話応対やパソコン訓練、コミュニケーション能力など、社会に出るために必要な力をビジネス基礎としてカリキュラムに準備しています。

一人ひとりの「こんなふうに働きたい」を考え、そのためには何が必要か、今の自分を知り、環境を知り、自分の役割を知ることができるように、毎日の訓練を大切にしています。

就労移行支援事業所「C-POWER WorkingSupportドーラ」の講義をご紹介いたします。

 

【マインドマップ】

マインドマップとは、頭の働きを活性化してくれるノート法です。

イギリス人教育者のトニー・ブザン (Tony Buzan)が、40年以上前に考案し、世界中で使われるようになりました。日本でもここ10年、マインドマップに関する書籍が多数出版されており、ビジネスパーソンや教育関係者を中心に注目を集めています。

マインドマップは、このように様々な方向に広がる私たちの「連想」、つまり自然な思考プロセスを、そのままノートの上に反映したノート法です。マインドマップを使うことで、頭の中で起きていることが「見える化」されるため、考えることがラクになるのです。

今日はお盆休み明け最初の講義です。皆さんの4連休はいかがでしたか?
今回のマインドマップのテーマは「お盆休みをマインドマップで振り返ろう」です。

どんなお盆休みだったか、振り返りました。

「覚えてない」という方もいらっしゃいましたが、話をしながら書いていくうちに思い出すことができました。

雨降りが多く、ほとんどを家の中で過ごすことになったお盆休みでした。

「よく寝た!」という方が多く、家の中でやったことをたくさん書きだすことができました。

JR西日本によると、お盆休み最終日となった16日、新幹線の乗車率は、利用者の多かった博多発東京行き「のぞみ32号」の自由席でも71%と混雑はみられず、2019年に比べ、半分以下となったそうです。

新型コロナウイルスの影響が続き、多くの人が旅行など長距離の移動を控えた結果ですね。

いつもとは違うお盆休みになった人が多かったようです。

「とにかくこころと身体をリラックスさせて休ませたい」という方も多かったですね。

お盆休みは外に出るより、家の中で過ごすと決めて充実した休暇になったという意見もありました。

出かけないからこそ、しっかりと休めましたね。

でも、寝すぎで「腰が痛くなった」「頭が痛くなった」「今日も眠い」という意見もありました。

「読書をした」という方もいらっしゃいました。

日ごろ、あまり本を読む機会がない方も、たくさん時間がある連休に読書ができたようです。

「映画鑑賞」や「今まで撮り溜めていたビデオを一気に見た!」という方もいらっしゃいました。

家の中で過ごした時間が多いお盆休みで、心と体の休息がしっかりとれたようです。

皆さんのお盆休みはいかがでしたか?