就労移行支援事業所C-POWER
WorkingSupportドーラ
「会議の達人」の講義

 

岐阜県多治見市にある「C-POWER WorkingSupport ドーラ」は身体、知的、精神などの何らかの障害がある18歳から65歳の方が就労を目指して取り組む就労移行支援事業所です。

ドーラ(DOLA)とは、「Design Of Life Academy」の頭文字をとって名付けた事業所で、障害のある方が自分自身のこれからの人生と向き合い、生きるために何を学び、社会の中でどう自立して生きていくかを考え「自分の人生設計をしていく場」です。

一人ひとりが希望する働き方を一緒に考え、働くために必要な訓練を「共通課題」「個別課題」「自由課題」に分かれて行います。

希望する働き方や実現までの道のりは、一人ひとり違います。

それぞれのプランに合わせて、必要なことを訓練していきます。

電話応対やパソコン訓練、コミュニケーション能力など、社会に出るために必要な力をビジネス基礎としてカリキュラムに準備しています。

一人ひとりの「こんなふうに働きたい」を考え、そのためには何が必要か、今の自分を知り、環境を知り、自分の役割を知ることができるように、毎日の訓練を大切にしています。

ドーラの講義をご紹介いたします。

【会議の達人】

皆さんは、自己紹介が得意ですか?

いきなり自己紹介と言われても、実際何を話していいか戸惑ったことも多いかと思います。

就職活動・営業・プレゼンテーション・恋愛など様々な場面で、自己紹介をする機会があります。

短期的な場所で、皆さんの人柄をどのように伝えたらよいか考えてみましょう。

本やインターネットなどで、自己紹介のやり方について紹介されています。

今回を入り口として、さらに自己紹介能力や話し方の学習を進めていきましょう。

 

「挨拶自己紹介」と「発展自己紹介」

自己紹介をするときは2つの段階があります。

1つ目は「挨拶自己紹介」です。

新しい集まりの場所での軽い自己紹介です。ただ挨拶自己紹介だけで終わることは稀です。

挨拶自己紹介が終わると、質問をされて軽く話を求められることが非常に多いといえます。

自己紹介が上手くなるには、「挨拶」としての自己紹介だけではなく、質問を受けた時に対応できる2つ目の「発展自己紹介」まで考えておくとよいでしょう。

「挨拶自己紹介」は、基本的なプロフィールについて1分程度で述べていきます。

名前、住所、出身、趣味などを笑顔で話していきます。

 

2つ目は「発展自己紹介」です。

挨拶自己紹介は話題のタネ見たいなものです。その話を聞いた相手はそのタネを育てようとしてくるでしょう。具体的にはその場で質問が飛んでくることがありますし、その後の雑談タイムで質問されるかもしれません。

「私は焼き肉が好きです」と自己紹介した場合、「どの部位のお肉が好きですか?」「最高でどのくらい食べたのですか?」「おすすめのお店はどこですか?」などのように、自己紹介で話したことから質問や会話がつながることがあります。

 

自己紹介を考えてみましょう。

 

私の名前は「     」です。

私は「     」市に住んでいます。

私の住んでいる「     」市は「     」で有名です。

私は「       」な人です。

≪私は「     」な人です≫という内容を10個は考えて書き出してみましょう。

 

 

 

いろいろなジャンルで「わたし」のことを準備すると、聞いている人に「わたし」を知ってもらうことができます。

相手に「あなた自身」が伝わる自己紹介になるといいですね。