読書のススメ
「いつも『プラスのことだけ』考えよう!」

 

人にはそれぞれ、些細なことから大きなものまで様々な課題が存在します。

その課題を克服したり、目標を達成したりしながら、

より良い幸せな人生を求めて生きています。

そんな皆様へお勧めしたい本をご紹介いたします。

 

「いつも『プラスのことだけ』考えよう!」     著者:謝 世輝 氏

さて、私たちの「潜在意識」は驚くほどパワーを持っている。

潜在意識は、あらゆる願望をかなえてくれる力を持ち、潜在意識のパワーの使い方をマスターした人から、あらゆる望みを次々とかなえることができる。

人間の心には「顕在意識」と「潜在意識」の2つがある。

顕在意識とは「見る、聞く、味わう」といった、人間の五感を通してキャッチする情報である。また、その情報を保管しているのが「潜在意識」である。潜在意識は、意識したり、思考したりする顕在意識とは違って、私たちが受け取る「思い」、特に「成功願望」とか「信念」といった強い感情に出合うと敏感に反応する性質がある。

もちろん反対に、失敗、あるいは挫折といったマイナスイメージとも結びつく性質を持っている。

だから、潜在意識には成功とか、富、夢、願望といった「プラスのことだけ」を送り込み、マイナスの思いは一瞬たりとも心に抱かないようにすることが大切なのである。

この潜在意識の偉大な力を利用した人は、人生に「いいこと」ばかりが起こりだす。

「成功したい」 「富を得たい」 「素敵な恋人がほしい」

といった夢、あるいは願望が強い情熱となり、ついには信念になって潜在意識にインプットされ、それが潜在意識を揺り起こし、幸運を呼び込むのである。

つまり、この潜在意識をうまくコントロールすることが「成功への道」なのである。

 

いつも成長を求めるのは「宇宙の法則」

あなたが自分の心の中に限界を設けない限り、人生に限界はない。

あなたが生きている間、あなたの心が引退することは決してない。

「やりたいことがある」「こんな人になりたい」という願望はあなたがさらに大きく成長するようにと、心が刺激を送っているのだ。

すべての人は、無限の可能性をもっている。

自分には無限の能力などないと思うかもしれないが、それは隠れているだけなのだ。

そして、情熱をもって事に当たれば、どんな夢もかなえることができるし、成功を手にすることができる。それは「宇宙の法則」なのである。

 

やる気をアピールするとチャンスに好かれる

歴史の成功者たちは、意識するしないにかかわらず、この教えを学び、実践したからこそ、人生において成功を手にしてきた。

たとえば、仕事で成功したいのであれば、二十代は「基礎を築く時期」である。

二十代をいかに過ごすか、あるいは、二十代で何を身に付けるかで、三十代、四十代になって大きな責任のある仕事ができるかどうか決まってしまう。

「目標を現在の実力より高く設定する」ことである。

つまり「自分の能力はこの程度だから、このくらいのレベルでいいか」と自ら限定するのではなく、「能力を超えているがやれるかもしれない」と前向きにとらえ、背伸びした内容の仕事にチャレンジし、やり遂げるために全力を尽くすことだ。

高いハードルに挑むことが、二十代ではもっとも必要なことなのだ。

 

人生には前進か後退しかない

いつも成長を目指している人は、「本当に活気にあふれた人の人生は、年をとるにつれて衰えるのでは決してない」「心の中に限界を設けない限り、人生には限界なんて存在しない」というすばらしい人生を送れるのである。

いま、あなたの年がいくつであれ、現状に足踏みしていてはもったいない。いつ、いかなる状況にあっても、あなたは成長することができる。

なぜなら、それが「宇宙の法則」だからだ。

 

人生には「前進」か「後退」しかないのである。

自分はもう完成された人間だと思ったら、それ以上の飛躍はない。

まだまだたくさんやりたいことがある。

それを一つひとつやっていこう。

そんな意気込みのあるところに、人生における成功があるのだ。

 

人生に「1回休み」はありません。「進む」か「戻る」しかないのです。私は絶対に進みたい。

私は絶対に成長し、成功したい。

意気込みを新たに、今日も楽しく、やるぞっ!!