就労移行支援事業所C-POWER
WorkingSupportドーラ
「会議の達人」の講義

 

岐阜県多治見市にある「C-POWER WorkingSupport ドーラ」は身体、知的、精神などの何らかの障害がある18歳から65歳の方が就労を目指して取り組む就労移行支援事業所です。

ドーラ(DOLA)とは、「Design Of Life Academy」の頭文字をとって名付けた事業所で、障害のある方が自分自身のこれからの人生と向き合い、生きるために何を学び、社会の中でどう自立して生きていくかを考え「自分の人生設計をしていく場」です。

一人ひとりが希望する働き方を一緒に考え、働くために必要な訓練を「共通課題」「個別課題」「自由課題」に分かれて行います。

希望する働き方や実現までの道のりは、一人ひとり違います。

それぞれのプランに合わせて、必要なことを訓練していきます。

電話応対やパソコン訓練、コミュニケーション能力など、社会に出るために必要な力をビジネス基礎としてカリキュラムに準備しています。

一人ひとりの「こんなふうに働きたい」を考え、そのためには何が必要か、今の自分を知り、環境を知り、自分の役割を知ることができるように、毎日の訓練を大切にしています。

ドーラの講義をご紹介いたします。

【会議の達人】

   【ジョハリの窓】

ジョハリの窓(Johari Window)とは、自己分析に使用する心理学モデルの一つです。

自分自身が見た自己と、他人から見た自己の情報を分析することで、次の4つに区分して自己を理解するというものです。

  • 自分も他人も知っている自分の性質(開放)
  • 自分は気づいていないが他人は知っている性質(盲点)
  • 他人は知らないが自分は知っている性質(秘密)
  • 自分も他人も知らない性質(未知)

 

一般的には「開放の窓(自分も他人も知っている特性)」を広げ、「未知の窓(自分も他人も知らない特性)」を狭めていくことが良いとされています。

他者とのコミュニケーションにおいて、自分自身をどれだけ表現しているか、という視点で現在の自分の姿を理解することができます。

私たちが社会で成長していくためには、積極的に自己を開発していく必要があります。

そのためにはまず、自分を知ることです。

自分を知ることで自己開発をする手法として有効なのがこの「ジョハリの窓」です。

 

「ジョハリの窓」は心理学者のジョセフ・ルフト氏とハリントン・インガム氏の両名によって、1955年に考案された概念です。それは自己と他者から見た自己の領域を表すものです。

対人関係の進展や自己理解に利用され、ビジネスにおいての能力開発にも効果を発揮します。

具体的には、自分自身の特性を「4つの窓」に分類したものです。

「自分による自分の分析結果」と「他人による自分の分析結果」を統合して該当する窓に当てはめていくことで完成させます。

 

今回もジョハリの窓で自分を知っていきましょう。

自分のことを付箋に書いてもらいました。そして一人ひとりに書いて手渡します。

密にならないようにタイミングを考えて移動して渡しました。

前回は自分の分かっている姿を自分で書き、台紙に貼り付けていきました。

今回は仲間に書いてもらったことを受け取り、貼り付けていきます。それによって、自分が分かっている自分の姿と、仲間が思っている自分の姿が一致している状態「①開放の窓」が完成します。

この領域が大きいと、誤解のない円滑なコミュニケーションができるようになります。

自分が書いた付箋の内容と、仲間からもらった付箋の内容が同じかどうか確認し、ここから「②盲点の窓」へ進んでいきます。

「盲点」という名の通り、自分が分かっていない領域です。

しかし、他人には分かっているということになります。

この「盲点」は他人に知られていますので、ここから自分へフィードバックさせていくことが重要です。仲間にたくさん書いてもらいました。

みんなが自分のことを見ていてくれるって有難いですね。