就労移行支援事業所C-POWER
WorkingSupportドーラ
「マインドマップ」の講義

 

 岐阜県多治見市にある「C-POWER WorkingSupport ドーラ」は身体、知的、精神などの何らかの障害がある18歳から65歳の方が就労を目指して取り組む就労移行支援事業所です。

ドーラ(DOLA)とは、「Design Of Life Academy」の頭文字をとって名付けた事業所で、障害のある方が自分自身のこれからの人生と向き合い、生きるために何を学び、社会の中でどう自立して生きていくかを考え、「自分の人生設計をしていく場」です。

一人ひとりが希望する働き方を一緒に考え、それが実現できるように、必要な訓練を、共通課題・個別課題・自由課題に分かれておこないます。

 

希望する働き方や、実現までの道のりは、一人ひとり違います。

それぞれに合わせたプランに沿って、必要なことを訓練していきます。

電話応対やパソコン訓練、コミュニケーション能力など、社会に出るために必要な力をビジネス基礎としてカリキュラムに準備しています。

一人ひとりの「こんなふうに働きたい」を考え、そのためには何が必要か、今の自分を知り、環境を知り、自分の役割を知ることができるように、毎日の訓練を大切にしています。

就労移行支援事業所「C-POWER WorkingSupportドーラ」の講義をご紹介いたします。

 

【マインドマップ】

マインドマップとは、頭の働きを活性化してくれるノート法です。

イギリス人教育者のトニー・ブザン (Tony Buzan)が、40年以上前に考案し、世界中で使われるようになりました。日本でもここ10年、マインドマップに関する書籍が多数出版されており、ビジネスパーソンや教育関係者を中心に注目を集めています。

マインドマップは、このように様々な方向に広がる私たちの「連想」、つまり自然な思考プロセスを、そのままノートの上に反映したノート法です。マインドマップを使うことで、頭の中で起きていることが「見える化」されるため、考えることがラクになるのです。

 

 

皆さんは、普段どんな時に腹が立ちますか?

友達から意地悪なことを言われて、ついカッとなって言い返してしまったことはないでしょうか?

私たちは、思い通りにならないことがあると、ついイライラしてしまいがちです。

 

今回は「自業自得」というキーワードを基に「怒り」について考えてみましょう。

「自業自得」とは、自ら行なった行為はその報いを自分の身に受けなければならないということ。

また一般に、自分の行為の結果を自分の身が受けることを意味します。

ある日、自分のことを日ごろから良く思っていない1人の男が近づいてきました。

近づいてきた男は、ありったけの大声で、私の悪口を言いました。

しかし、私は、平然としていました。

すると、その男はますますカッとなって、地面の砂をつかんで私に投げつけてきました。

すると、ちょうどその時、風が私の方から男の方に向かって吹き、投げた砂は砂埃となって男の顔にふりかかったのです。

もし、理由もなく、悪い言葉や罵声を浴びせ、何もしていない人を汚そうとするなら、その悪はかえって自分に戻ってきます。皆さんが聞いたことがある言葉では「バチが当たる」でしょう。

この話のように、砂をとって相手の顔に投げれば、風に吹かれて、かえって自分がけがれるのです。

理不尽な怒りや相手への悪口を言い、まったく相手にされなかったことで頭にきた男は、砂を投げつけ、向かい風にあって、自分が汚れる結果になったのです。

砂を投げたのは自分であり、砂を浴びたのも自分です。

 

自分の行いによって自分に結果が返ってきます。このことを「自業自得」と言います。

この男のように、すぐに結果が返ってくる場合もありますが、すぐには出ない場合もあります。

人を汚そうとしたり、傷つけようとしたりすれば、いつか必ず苦しい結果が自分に返ってきます。

怒りの心は「カッとなる」と言われるように、瞬間的に沸き立つように出てくるものです。

しかし、その怒りの心を悪い行動に結びつけるまでには少し時間があります。

その少しの時間をぐっとこらえて、心をしずめ、悪い行動を起こさないことが大切です。

「怒り」は「自分の思い通りにならない」「自分の気に入らない」という思いから生まれてきます。

逆に、自分ばかりを思う心を離れ、「人のため」という心を持つことが大切です。

「自業自得」ということは、自分の心次第で、良くもなれば悪くもなるということです。

曇りのない美しい良い心でいられるように、心を磨いていきましょう。

 

どんな時に怒りの感情が湧くか、怒れてしまう気持ちなるか考えてみましょう。

自分に怒りの感情が湧いたとき、自分が怒れてしまった時にどう対処したらいいか考えてみましょう。