就労移行支援事業所C-POWER
WorkingSupportドーラ
「良いトコ見つけ」の講義

 

岐阜県多治見市にある「C-POWER WorkingSupport ドーラ」は身体、知的、精神などの何らかの障害がある18歳から65歳の方が就労を目指して取り組む就労移行支援事業所です。

ドーラ(DOLA)とは、「Design Of Life Academy」の頭文字をとって名付けた事業所で、障害のある方が自分自身のこれからの人生と向き合い、生きるために何を学び、社会の中でどう自立して生きていくかを考え「自分の人生設計をしていく場」です。

一人ひとりが希望する働き方を一緒に考え、働くために必要な訓練を「共通課題」「個別課題」「自由課題」に分かれて行います。

希望する働き方や実現までの道のりは、一人ひとり違います。

それぞれのプランに合わせて、必要なことを訓練していきます。

電話応対やパソコン訓練、コミュニケーション能力など、社会に出るために必要な力をビジネス基礎としてカリキュラムに準備しています。

一人ひとりの「こんなふうに働きたい」を考え、そのためには何が必要か、今の自分を知り、環境を知り、自分の役割を知ることができるように、毎日の訓練を大切にしています。

ドーラの講義をご紹介いたします。

 

【良いトコ見つけ】

何気なく過ぎる毎日でも、その日は誰かにとっての大切な記念日です。

一日を大切にする気持ち、1分1秒を大切にする気持ちをもてるようなきっかけになればと思っています。

この講義は「今日は何の日?」から始まり、いろんなことに興味がもてるようになるための訓練の一つです。

些細なことに興味をもつことで、会話の引き出しを増やし、雑談力を鍛えていきます。

 

私たちが生きていく中で、自分の好きな人とだけ関わるなんてできません。

仕事はもちろんですが、家族や子ども同士の関係など、関りをもつ多くの人の中には

「苦手」と感じる人がいるのは当然のことです。それでもできるだけ気持ちの良い関係性であり続けるために必要なのが、相手の「良いところ」をたくさん見つけることです。

苦手だと思うよりも、自分も相手も笑顔でハッピーになれる「良いとこ探し」をする力を身に付けてみませんか?

 

多くの人と関わらずに暮らしていくことはできません。

生活をしていく中で第一印象からステキだと思える人に出会う一方、なんとなく苦手だなと思ってしまう人もいるでしょう。深く関わることなく挨拶程度で済ませられる相手なら良いのですが、職場が同じだったり親戚だったりお付き合いが避けて通れない場合もあるでしょう。

そんな時、みなさんはどうしていますか?

 

良いところをさがそう!

「この人何だか苦手だな」「いやだな」という思いは、雰囲気や表情からそれとなく相手に伝わってしまうものです。これからも付き合いが継続するのであれば、良好な人間関係でいたいですよね。

そこで、「苦手だな」「いやだな」と思いながら相手を見るのではなく、「この人の良いところはどこだろう?」というように、見方を変えてみましょう。

 

考えてみましょう!

  • ドーラの良いところ
  • 職員の良いところ
  • 訓練生の良いところ
  • 家族の良いところ
  • 友達の良いところ

 

嫌なところを意識するよりも、「良いところ」を見つけていくことで、何よりも自分の心が軽くなっていくことでしょう。