就労移行支援事業所C-POWER
WorkingSupportドーラ
「トリビア」の講義

 

岐阜県多治見市にある「C-POWER WorkingSupport ドーラ」は身体、知的、精神などの何らかの障害がある18歳から65歳の方が就労を目指して取り組む就労移行支援事業所です。

ドーラ(DOLA)とは、「Design Of Life Academy」の頭文字をとって名付けた事業所で、障害のある方が自分自身のこれからの人生と向き合い、生きるために何を学び、社会の中でどう自立して生きていくかを考え「自分の人生設計をしていく場」です。

一人ひとりが希望する働き方を一緒に考え、働くために必要な訓練を「共通課題」「個別課題」「自由課題」に分かれて行います。

希望する働き方や実現までの道のりは、一人ひとり違います。

それぞれのプランに合わせて、必要なことを訓練していきます。

電話応対やパソコン訓練、コミュニケーション能力など、社会に出るために必要な力をビジネス基礎としてカリキュラムに準備しています。

一人ひとりの「こんなふうに働きたい」を考え、そのためには何が必要か、今の自分を知り、環境を知り、自分の役割を知ることができるように、毎日の訓練を大切にしています。

ドーラの講義をご紹介いたします。

 【トリビア】

今回は「医薬品」と「医薬部外品」について学びました。

ドラッグストアに行くと、掃除道具やお菓子、お酒までいろいろな商品が置いてあって、ついいろんな物を買ってしまいますね。いろんな商品があってとても便利ですが、その商品に記載されている「医薬品」と「医薬部外品」。どう違うか考えてみましょう。

 

「医薬品」か「医薬部外品」かは、医薬品医療機器法(旧薬事法)によって明確に定義されています。

「医薬品」とは、配合されている成分の効果効能が認められていて、病気の治療を目的とした薬です。

医師が処方する「医療用医薬品」や処方箋不要ですが薬剤師の説明が必要な「要指導医薬品」、処方箋がなくても買える「一般用医薬品」などに分類されます。

更に「一般用医薬品」は第1類〜第3類に分けられます。

第1類…副作用など、特に注意が必要なもので、薬剤師による販売が義務のもの。

第2類…薬剤師や販売者からの説明を努力義務としているもの。

第3類…それら以外。 風邪薬や頭痛薬、皮膚薬などがありますね。

一方の「医薬部外品」は、症状の防止や衛生が目的の薬です。

「医薬品」よりも人体への作用は弱く、「薬用」という表示は「医薬部外品」を意味します。

栄養ドリンクやシャンプー、育毛剤などにも「医薬部外品・薬用」のものがあります。

『医薬部外品』より効果効能が緩やかなスキンケア製品は『化粧品』に分類されます。『薬用』は『医薬部外品』のことなんですね。

「医薬品」は、病気の治療が目的。

「医薬部外品」は、症状の予防や美容、衛生が目的。

これを覚えておくと、商品を見る時にも役立ちそうですね。

ドラッグストアなどに薬剤師さんがいる場合もあります。

薬や商品選びの際に迷ったら聞いてみましょう。

また、薬や食料品でアレルギーがある方はパッケージに記載されている表示を見て、確認してから購入するようにしましょう。