就労移行支援事業所C-POWER
WorkingSupportドーラ
「マインドマップ」の講義

 

 岐阜県多治見市にある「C-POWER WorkingSupport ドーラ」は身体、知的、精神などの何らかの障害がある18歳から65歳の方が就労を目指して取り組む就労移行支援事業所です。

ドーラ(DOLA)とは、「Design Of Life Academy」の頭文字をとって名付けた事業所で、障害のある方が自分自身のこれからの人生と向き合い、生きるために何を学び、社会の中でどう自立して生きていくかを考え「自分の人生設計をしていく場」です。

一人ひとりが希望する働き方を一緒に考え、働くために必要な訓練を「共通課題」「個別課題」「自由課題」に分かれて行います。

希望する働き方や実現までの道のりは、一人ひとり違います。

それぞれのプランに合わせて、必要なことを訓練していきます。

電話応対やパソコン訓練、コミュニケーション能力など、社会に出るために必要な力をビジネス基礎としてカリキュラムに準備しています。

一人ひとりの「こんなふうに働きたい」を考え、そのためには何が必要か、今の自分を知り、環境を知り、自分の役割を知ることができるように、毎日の訓練を大切にしています。

ドーラの講義をご紹介いたします。

 

【マインドマップ】

マインドマップとは、頭の働きを活性化してくれるノート法です。

イギリス人教育者のトニー・ブザン (Tony Buzan)が、40年以上前に考案し、世界中で使われるようになりました。日本でもここ10年、マインドマップに関する書籍が多数出版されており、ビジネスパーソンや教育関係者を中心に注目を集めています。

マインドマップは、このように様々な方向に広がる私たちの「連想」、つまり自然な思考プロセスを、そのままノートの上に反映したノート法です。マインドマップを使うことで、頭の中で起きていることが「見える化」されるため、考えることがラクになり整理されます。

私たちは「働く」ことを目標に、ドーラで学んでいます。

目標設定や計画を立てることはとても大切です。

その目標を達成するために、今から何をしていけばいいかを具体的にする必要があります。

「目標」を叶えていく夢を実現させるために、ドーラで毎日学んでいます。

何となく過ぎていく日常とドーラでの訓練ですが、「何のために?」と考えてみましょう。

 

  • 具現化力 (言葉・数字・感情・映像で未来を具体的に描いてみよう)

マインドマップの講義、マンダラチャート、目標フレーム、成果報告会でビジョンを具体的にしています。

 

  • 見通し・準備力 (夢との差を埋めるために必要なことを具体的にして準備していこう)

個別支援計画・面談・R-ME・面トレ・テクニカルスキルの講義などを通して、準備することの大切さや、どうやって準備するかを学んでいます。

 

  • 企画・工夫力 (目標に向かって、人と違うことを自分で考えてやってみよう)

個別課題・作業訓練・資格取得・企業実習・トリビア・会議の達人・本田の時間などで柔軟に考えることの大切さを学び、実践することで自分の力を身に付けています)

 

  • 意志の力=実行力 (自分を自分で元気にしていこう。理想の自分になる言葉を常に言おう)

元気になるためには自分をコントロールすることが大切です。自分から元気に挨拶する・呼ばれたら「はい」と返事する・ありがとうと感謝を伝える・お願いしますと言うなど、理想の自分を思い描き、声に出していきましょう)

 

さぁ、目標が定まったら、今からできることをコツコツとやっていくだけです。

思っているだけでは夢は実現しません。自分から動いていきましょう。

成長するための変化を恐れずに進んでいきましょう!