第4回たじみTRY 交流会編

 

4月27日(土)は第4回たじみTRYでした。3チームに分かれてバリアフリーの活動を行い、ゴールは自立型グループホームのGiOhomeです。

風が強く、ちょっと疲れた表情の方もいらっしゃいましたが、充実した活動になったようです。

TRY恒例のバーベキューをして、今回の活動を振り返りました。

~アンケートより~

  • 参加の感想

・地域の方々と触れ合えて楽しかった。

・障害者のことを知ってもらえてよかった。

・活動が一目瞭然でよかった。

・ステッカーが貼ってある店と貼ってない店を把握したい。

・理解ある人がたくさんいることを知った。

・いろんな店があることがわかり、今度行ってみたいと思う。

 

  • バリアがあると感じる場所は?

・車道と歩道の区別がない道が多い。

・駐車場が狭い場所が多い。

・歩道の整備が遅れている。

・車いすでは入れない店がある。

・車いす用の駐車場がない場所がある。

・意外にちょっとした段差がある。

 

  • ずっと暮らしたい街はどんな街?

・気持ちの部分で手伝い助け合えるまち。

・家族みんなで楽しく暮らし、余生が送れる。

・バリアフリーが充実している。

・穏やかに生活できる。

・福祉に対する意識改革ができる。

 

などたくさんのご意見をいただくことができました。これらの貴重なご意見を反映しつつ、次回のたじみTRYも住みよい街づくりにつながる活動にしていきたいです。

ご協力・ご参加ありがとうございました!また一緒に活動をしていきましょう。

次回、第5回たじみTRY

10月12日(土)10:00 多治見駅北口 虎渓用水広場集合