「第5回たじみTRY(トライ)」 開催します!!

 

たじみTRYとは、「バリアをなくそう多治見から」を合言葉に、障害者差別解消法の周知と、多治見市からソフト面とハード面のバリアをなくしていく活動です。

 

 

体の不自由な方が利用したい場合に、「声をかけてくださればお手伝いできますよ」というお店や施設はあると思います。でも、「お手伝いを必要としている人」にはその気持ちが届きにくいものです。

そこで私たちは「声をかけてくださればお手伝いします」というステッカーを店舗・施設の入り口の見やすい位置に貼ってもらい、誰もが気軽に入りやすい場所を目に見える形で増やしていきたいと考えています。

たじみTRYは、障害者だけではなく、高齢者・妊婦・ベビーカー・大きな荷物を持った人・外国人など、その店舗や施設の利用に困っている人に対しお手伝いする気持ちを表していく活動に取り組んでいます。

 

次回は第5回となる「たじみTRY」。

10月12日(土)に開催します。

台風の影響で天気の心配はありますが、警報が出ない限りは雨天決行いたします。

 

≪活動の流れ≫

10:00~多治見駅北 虎渓用水広場集合

10:10~記念撮影・全体説明

10:30~たじみTRYスタート!チームに分かれてTRYします!

12:15~GiOhomeの駐車場がゴール!(岐阜県多治見市大正町1-4-2)

12:30~交流会・活動報告(参加費1,000円)

14:30 終了

 

当日は、みんなでお揃いの赤いTシャツを着て活動しています。一緒にTRYしませんか?

 

私たちは「たじみTRY」の活動を通して、障害の有無に関わらず、すべての人に優しい街、ずっと暮らしたい街の実現を目指します!

 

活動賛同企業様を随時募集中です!

「たじみTRY」の活動内容に賛同いただき、ご支援いただける企業様を募集しております。ステッカーをお届けし、見やすい場所にステッカーを貼らせていただきます。

その後、ホームページにて賛同企業様として公表させていただきます。

お問い合わせはお電話、または公式ホームページのお問い合わせフォームよりお願いいたします。

 

誰もが暮らしやすいバリアフリーの街づくりにご協力をお願いいたします!