2019年から2020年へ
「なぜ?」から始まる「私」

12月の職業人講話

 

C-POWERグループでは毎月1回、地域の職業人をお招きし、「働くこと」を一人ひとりが考える時間を設けています。

職業人講話は、C-POWERグループの取り組みの代表的なものであり、地域とつながりながら「働く」ということが学べるとても良い機会です。

12月の職業人講話は、2019年の振り返りの時間になりました。

肥田代表からの話をC-POWERグループ全体で聴き、一人ひとりのこととして考えました。ドーラの訓練生、SWINGUのメンバー、TRIDのアシスタント、GiOhome入居者、そして職員全員がドーラに集合し、2019年を振り返りました。

 

肥田代表の問いかけからのスタートです。

 

なぜ?今ここにいるのか?

なぜ?目標を立てるのか?

なぜ?変化・成長するのか?

なぜ?自立を目指すのか?

なぜ?感謝するのか?

 

時間を設けて、①できたこと ②やりたかったこと ③嬉しかったこと

④おどろいたこと ⑤楽しかったこと ⑥感謝したい人・感謝したいこと を考えました。

肥田代表がランダムに指名し、みなさんどれかの項目に対してきちんと答えていました。

 

肥田代表の「嬉しかったこと」は、「こんなにたくさんの人たちがC-POWERグループと関わってくれること」。残りの2019年も元気に過ごし、新しい2020年も皆と笑顔で迎えられることを心から願っています。

 

感謝!!