DRAGON GATE JAPAN! In TOKI

 

DRAGON GATE(ドラゴンゲート)とは、株式会社ドラゴンゲートエンターテイメントが運営する兵庫県神戸市を中心に活動している団体です。

所属選手の大半がDRAGON GATEの前身団体「闘龍門JAPAN」の母体になったプロレスラー養成学校「闘龍門」の出身で、各所属選手に下積みを行う既存のプロレス団体と違い、デビューからギミック(プロレスラーの触れ込み・リング上やテレビ番組上で演技がなされる)が確立されています。

体格も身長160㎝~170㎝台、体重70㎏~80㎏台と従来のジュニアヘビー級選手よりもさらに一回り小柄な選手がほとんどであり、従来の超人的なプロレスラー像とはかけ離れた等身大のプロレスラー像を掲げています。

そのため、リングの外で出会うととても親しみやすく、ファンになってしまう人が多い理由の1つだと思います。

 

2月8日(土)セラトピア土岐で行われる試合のため、地元土岐市出身で多治見高校卒業、そして多治見市の観光大使である『問題龍』がC-POWERグループに遊びに来てくれました!

嬉しいことに、サイン入りのポスターと、招待券をもってきてくださいました!

 

 

当日はマイクパフォーマンスもあり、6人タッグマッチがメインイベントでした。

どの選手もマイクパフォーマンスに長けていて、序盤から愛知県出身の「ウルティモ・ドラゴン」が『高校1年から3年まで多治見市笠原町に住んでいた』と告白。一気に親しみが湧きました!

キッズマスクを購入し、サインももらってしまいました!!

 

 

今回は出場されませんでしたが、「シュン・スカイウォーカー」も土岐市出身で、多治見高校卒業の無所属レスラーなんです。

 

何といっても、会場内に乱入するレスラーの怖さ。。。たまりません。

こっちに来てほしいような、来たら怖いような。。。ですよね。

 

ラストはYAMATOが決めて、問題龍チームの勝利!!

 

多くの招待された子どもたちが大喜びでした。

エンディングでは問題龍がリングの下にいるお客さんにタッチをして終了しました。

 

 

問ちゃんの優しさが垣間見える試合でした。

是非、また多治見や土岐で開催の時には遊びに行きたいです。