C-POWERグループのコロナ対策

 

岐阜県のホームページより

これまで本県では、第4波の感染拡大を食い止めるため、4月23日に独自の「『第4波』非常事態宣言」及びその対策を発出し、5月7日には「まん延防止等重点措置区域への指定を受けて」の追加対策、12日には「学校 運営のガイドライン」、15日には時短要請対象地域の拡大、先日には、感染者が多い県都岐阜市や、外国人県民の感染割合の高い美濃加茂市、可児市との連携策を発表するなど、逐次、対策を強化してまいりました。 しかしながら、この間、10日間連続して新規感染者が100人を超える などの高水準の感染が続きました。また、5月17日には病床使用率が 73.5%と、過去最悪の危機的な状況となりました。 この一週間ほどは、新規感染者数は徐々に減少傾向にあるやに見えますが、決して油断できない状況です。本日の10万人あたりの新規感染者数 (7日間移動合計)は24.01人と、5月6日以来、国基準のステージⅢ(15人以上 25人未満)の水準まで低下しましたが、病床使用率は61.7%と、依然としてステージⅣ(50%以上:感染爆発)の高水準であります。そして、重症者の増加に伴い、一般用の集中治療室をコロナ用に転用せざるを得ない病院もあります。 ここで感染防止対策を縮小し、行動変容に弛みがでれば、再び感染が拡大し、窮地に陥ることはこれまでの経験から明らかです。 こうした中、本県に適用されているまん延防止等重点措置が、6月20日まで延長されることとなりました。本県としては、これまでの対策の継続・強化を進め、特に迅速かつ円滑なワクチン接種の体制を確立してまいります。そして、新規感染者数については、まず、速やかにステージⅢを脱し、さらにステージⅡ以下(7日間移動 合計15人未満)を目指します。また、病床使用率についてはステージⅢ(20% 以上 50%未満)まで下げ、「自宅療養者ゼロ」を堅持してまいります。県民・事業者の皆様のご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

対策1 「新しい行動様式」の徹底

大前提として、

『「基本的な感染防止対策」(マスク、手指衛生、三密回避、体調の管理)の徹底継続』を。

変異株へも同じ対策で感染防止が可能です。

・ マスク着用の徹底を!

・ 頻繁・丁寧な手洗い、手指の消毒を!

・ 人との距離(できるだけ2メートル、最低でも1メートル)確保を!

・ 三密(密閉・密集・密接)はもちろん、一密でも徹底的な回避を!

・ 発熱等体調不良の方の全ての行動(出勤、通学)ストップと周り方の健康状態の迅速な確認について、職場、学校、家族で徹底を!

これらのいずれかが守られていない場合に感染し、そして感染が拡大していきます。

ワクチンを接種した方においても、発症予防効果は高いものの 100%ではないため決して油断せずに、上記の基本的な感染防止対策の徹底をしていきましょう。

以下、岐阜県のホームページをご覧ください。

対策2 医療・福祉対策

対策3 ワクチン接種の円滑な推進

対策4 学校運営における対応強化 (小・中・高・大 共通)

対策5 経済支援対策

対策6 県・市連携対策

 

【C-POWERグループのコロナ感染予防対策】

  • マスクをして通所します

通所時はマスクをしているかを確認しています。無い方にはお渡しして訓練ができるようにしています。不織布マスクが予防に効果的とのことです。清潔なマスクを正しく着用しましょう。

 

 

  • 検温して体調確認します

ご自宅で検温し、平熱であれば通所できます。非接触検温器を導入しました。また、入り口で非接触検温器により検温して入室します。皆さんの体調とご家族の体調を確認しています。

 

 

  • 手洗い・消毒を徹底します

通所時の消毒や作業の前後、トイレ後などに毎回消毒できるように準備しています。

赤外線センサーのアルコール自動噴射ディスペンサーを設置しました。簡単に消毒ができます。

 

 

  • トイレの使い方を守ります

トイレを清潔に使えるように約束事があります。毎時間職員が清掃・点検をしています。

皆さんがキレイに使ってくださり感謝です。

 

  • 人とくっつきません

皆仲良し。ですが、今はくっつくいてはいけません。1メートル以上離れた指定の座席で訓練します。訓練や作業中もアクリルパネルやパーテーションで密になることを防いでいます。アクリルパネルやパーテーションの清掃・消毒も徹底しています。

 

 

  • 換気を徹底します

常に換気を心がけ、密閉されない開放的な環境で訓練しています。

暑さ・寒さに負けないで、健康的に過ごします。各自で着替えやタオルを持参して調節します。

 

  • 質の良い睡眠と食事をとります

毎日の積み重ねが健康な体を作ります。バランスの良い食事を美味しく食べ、お風呂に入ってスッキリしたら早めに眠りにつく準備をしましょう。良い眠りが明日の元気につながります。

 

C-POWERグループでは7つの事業所すべてで感染対策を徹底しています。

また、福祉事業部だけでなく、アウトソーシング事業部でも来客対応はオンラインでおこなったり、検温・マスク・消毒・換気を徹底したりして、安心して働ける環境づくりに取り組んでいます。