Home Economics
料理をしてみましょう!

 

岐阜県多治見市にある「C-POWER WorkingSupport ドーラ」は身体、知的、精神などの何らかの障害がある18歳から65歳の方が就労を目指して取り組む就労移行支援事業所です。

ドーラ(DOLA)とは、「Design Of Life Academy」の頭文字をとって名付けた事業所で、障害のある方が自分自身のこれからの人生と向き合い、生きるために何を学び、社会の中でどう自立して生きていくかを考え、「自分の人生設計をしていく場」です。

将来の自立した生活に向け、知っておくと良いことについてご紹介いたします。

 

【Home Economics】

Home Economicsの講義を通して、衣食住・家族・保育・消費生活・環境など家庭生活に関わる身近で具体的な内容を学んでいきます。

それによって社会制度や自然環境・文化などの世界的な状況が、現在の私たちの家庭生活とつながっていると気づくことができると思います。

 

皆さんは、今朝「朝ごはん」を食べてきましたか?
朝食をとらないで通所し、お弁当が待ちきれないと思ったことはありませんか?

朝食をとることで、私たちは活動に必要なエネルギーを得ることができます。

私たちの脳は“ブドウ糖”をエネルギー源として使っています。

朝起きたときに頭が「ボーッ」としてしまうのは、寝ている間にブドウ糖が使われて足りなくなってしまうためです。朝食を食べないと、午前中、からだは動いても頭はボンヤリ、ということになりがちです。

脳のエネルギー源のブドウ糖を朝食でしっかり補給し、脳とからだをしっかり目覚めさせましょう。

ごはんなどの主食には脳のエネルギー源になるブドウ糖が多く含まれているので、朝から勉強や仕事に集中できるのです。

朝食は一日を活動的にいきいきと過ごすための大事なスイッチ。

毎朝ちゃんとスイッチを入れましょう。

 

朝食づくりについて考えてみましょう

エネルギーのもとになるご飯やパンなどの主食を中心に、短時間で調理ができるおかずを組み合わせて用意しましょう。あらかじめ材料を買っておいたり、家にある材料を確かめておいたりして準備しましょう。

朝食に合うおかずづくりを計画してみましょう。

 

 

インターネットでも「簡単朝食レシピ」などが紹介されています。

冷蔵庫にある食材を組み合わせて、簡単で美味しく、栄養のある朝食をとって、毎日元気に過ごしましょう。