TRIDってどんなトコ?

 

就労継続支援A型事業所TRIDとは?

岐阜県多治見市にあるTRID(トリッド)は、身体・知的・精神や難病など、課題のある方が、働きながら自分の役割を見つけ、やりがいを見出し、一般就労へステップアップしていくための就労継続支援A型事業所です。

利用者の多くは、多治見市・可児市・土岐市・瑞浪市・恵那市・中津川市・美濃加茂市などから通所されています(その他の地域の方でもご相談ください)。

TRIDは株式会社C-POWERが運営し、当グループ内の総合デザイン会社、相談支援事業所、就労継続支援B型事業所、障がい者就労支援センター、生活介護事業所、グループホームなどと連携し、様々な角度から障害のある方の「働きたい」をサポートしています。

TRIDは2016年10月1日に開所した事業所です。

 

TRIDの特長

長時間働けます!

一般的な就労継続支援A型事業所の労働時間は1日4~5時間のところが多いですが、TRIDの多くの利用者は週5日、1日6時間(朝9時~夕方16時)勤務しています(中には8時間勤務している利用者もいます)。

このため、他の就労継続支援A型事業所に比べて高水準の収入を得られやすく、より生活を安定させることができます。

社会保険完備!

社会保険(厚生年金、健康保険証、雇用保険)を完備しており、福利厚生が充実しています。

様々な仕事があります!

利用者の仕事は、DMの発送やデータ入力などの軽作業から、マンション清掃などの野外作業、デザイン制作業務や、経理・事務など多岐にわたります。

一人ひとりの適性を見極め、仕事を配分しています。

 

 

今回は「訓練サポートチーム」についてご紹介します。

 

 

Q.どんな仕事をしているの?

PCのセットアップやネットワークの管理・NAS(dola-freeなどのファイルサーバー)の管理、マウスが壊れたら発注依頼をするなどPC関連の設備管理も行っています。PC関連以外では、ドーラ訓練生のサポート・作業サポートなども行っています。

 

Q.大変なことと楽しいことを教えてください

トラブルが起きて原因が分からないときがやっかいです。無線LANがつながらないトラブルが多いです。ですが、努力して原因を突き止めて解決できたときが一番嬉しいです。他にも、PC好きなので、PCのセットアップも楽しいです。

 

Q.どんな勉強をしたら役にたちますか?

経験値がものを言うと思うので、構成が分かって組付けまでできるようになればPCのことを理解しやすいと思います。他にも、Windowsのセットアップができれば僕の仕事をできると思います。実践しながら勉強してください。

 

Q.ドーラの訓練生にアドバイスをお願いします。

PCを触る機会があれば、自分で分からないことを検索しながら覚えていけるといいと思います。

なんという文字で検索すれば良いか迷うときもあると思いますが、それを考えるのも練習になります。そうすれば、先を見通せるようになります。

あとは、社長もよく言うことですが、できないと言わずにまずは挑戦してみることを大事にしてほしいです。

 

TRIDにはドーラの訓練生だった方もたくさん活躍しています。みなさんには先輩を目標に就職を目指してこれからも訓練してほしいです。

次回からは、Word・Excel講座を行いたいと思います。

WordやExcelを学ぶとどんなメリットがあるでしょうか。

今回は、MOSについてお話したいと思います。

 

◆MOSって何?

Microsoft Office Specialistの略で、Office(WordやExcel、Power Pointなど、主にビジネス向けのアプリケーションをまとめたパッケージ製品)の利用能力を証明する世界的な試験資格制度です。

就職を目指しているみなさんにきっと役に立つ資格だと思います。

TRIDアシスタントのインタビューの「勉強しておくと良いこと」でもWordやExcelという声が多かったです。

 

 

 

 

◆タイピングの練習をしよう

入力速度が速くなれば、PCへの苦手意識も少なくなりますし、仕事の効率も良くなります。

タイピングゲームを使って、いまから実際にやってみましょう。

インターネットブラウザを開く→検索欄に「イータイピング」と入力→検索結果の

「インターネットでタイピング練習 イータイピング | e-typing」をクリック

腕試しレベルチェックの「今すぐチェック!」をクリック

 

使い方を確認しましょう。

結果はどうでしたか?

どんなことも毎日の積み重ねで結果がついてきます。できることからコツコツと継続し、働くための準備をしていきましょう。